2024年 2月 23日 (金)

「恋愛映画は全部一緒」M-1ウエストランドの毒舌ネタ、恋愛映画の名監督が見解 「悪口だ、とかじゃない」

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   映画監督の今泉力哉氏(41)は2022年12月19日、M-1グランプリ2022で優勝したウエストランド(井口浩之さん、河本太さん)のネタについてツイッターで言及した。

   今泉氏は数多くの恋愛映画を手がけている。ウエストランドが決勝1回戦のネタで「恋愛映画は全部一緒」というネタを披露したことなどについて、私見を述べている。

  • ウエストランド(写真:つのだよしお/アフロ)
    ウエストランド(写真:つのだよしお/アフロ)
  • ウエストランド(写真:つのだよしお/アフロ)

「こればっかりだろうが!全部一緒だから!」

   ウエストランドは決勝1回戦、最終決戦ともに、河本さんが作った「あるなしクイズ」に井口さんがまともに答えず、自身の思ったことを伝えるというネタを披露した。

   決勝1回戦冒頭で河本さんが「アクション映画にあって恋愛映画にないものは」と問うと、井口さんは「アクション映画は色んなパターンがあるけど、恋愛映画は全部一緒だから、正解はパターンだ」と回答。

   さらに、「さえない女の子がひょんなことから王子様系の男子と知り合い、いい感じになるも、イケイケの女子の恋敵が現れ、そっちに取られそうになるが、結局自分が選ばれた。やったー!こればっかりだろうが!全部一緒だから!あと重い病気になるやつだけ!『感動したなあ』悲しいだけだよあんなの!」と、恋愛映画に対する印象をたたみかけた。

   ツイッター上では「めっちゃわかる」「共感しかなくて引き込まれてしまった」と共感の声があがった一方で、「恋愛映画にもパターンはある」「恋愛映画も色々だよ!」などとツッコミも聞かれていた。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中