2024年 2月 23日 (金)

W杯ブラジル「得点ダンス」を批判のロイ・キーン氏 優勝アルゼンチン監督には「思い切り踊って」

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   サッカーの元アイルランド代表MFロイ・キーン氏(51)が、ワールドカップ(W杯)カタール大会で優勝したアルゼンチン代表リオネル・スカローニ監督(44)に敬意を表して「歓喜のダンス」を受け入れたと複数の海外メディアが2022年12月19日に報じた。

  • メッシと抱き合うスカローニ監督(写真:ロイター/アフロ)
    メッシと抱き合うスカローニ監督(写真:ロイター/アフロ)
  • ダンスを披露するブラジル代表選手たち(写真:AP/アフロ)
    ダンスを披露するブラジル代表選手たち(写真:AP/アフロ)
  • メッシと抱き合うスカローニ監督(写真:ロイター/アフロ)
  • ダンスを披露するブラジル代表選手たち(写真:AP/アフロ)

アルゼンチン監督は「好きなだけ踊ることができる」

   W杯カタール大会決勝は12月18日にルサイルスタジアムで行われ、アルゼンチンがPK戦の末フランスを破り36年ぶり3度目の優勝を果たした。

   試合はアルゼンチンが2-0で前半を折り返すもフランスが後半に2ゴールを挙げ同点に追いつき延長戦へ。延長後半3分にFWリオネル・メッシ(35)がゴールを決め勝負がついたかに思われたが同13分にFWキリアン・エムバペ(24)がPKを決め再び同点に追いついた。

   勝負は120分で決着がつかずPK戦に持ち込まれ、アルゼンチンがPK戦を4-2で制し大会を締めくくった。試合後は選手それぞれがピッチ上で歓喜を爆発させ、スカローニ監督が子供たちとダンスを披露する姿などが見られた。

   英メディア「talk SPORT」(WEB版)は、キーン氏はブラジル監督に対する苛立ちとは異なりアルゼンチンの監督に「好きなだけ踊ることができる」と冗談を言ったと伝えた。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中