2024年 4月 13日 (土)

M-1優勝・ウエストランドの「毒舌漫才」はなぜ受け入れられたのか かまいたちが分析したその理由

   お笑いコンビ「かまいたち」が2022年12月19日に公開したYouTube動画で、漫才日本一を決める「M-1グランプリ2022」で、毒舌を連発するネタを披露した「ウエストランド」優勝の理由について考察した。

  • ウエストランド井口浩之さん(写真:つのだよしお/アフロ)
    ウエストランド井口浩之さん(写真:つのだよしお/アフロ)
  • ウエストランド井口浩之さん(写真:つのだよしお/アフロ)

勝利のカギは、井口さんの「小物感」?

   山内健司さんは、ウエストランドの漫才について、ボケの井口浩之さんが「パワーアップ」していた、と指摘する。「『あ、そこ言うんだ』っていう笑いとか。もちろん共感があるから笑うんであって。でも誰もいじらなかった部分を全面的に言っている」と絶賛。

   「毒舌漫才」が世間に受け入れられた理由として、「イヤな感じがしなくなってた」と推察。そのうえで、

「小物感が増したかな? 井口くんが言ったところで『誰が言ってんねん』っていう。コイツが言っても届かない感が増したかな」

と分析していた。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中