2023年 2月 6日 (月)

東出昌大「愛って複雑怪奇」 DV詩人役で主演...映画『天上の花』で見せた「人ならざる顔」【インタビュー】

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   俳優の東出昌大さん(34)が主演する映画「天上の花」が2022年12月9日に公開された。

   東出さんは、明治に生まれ昭和において詩人として活躍した三好達治役で出演。妻子を捨ててまで手に入れた憧れの女性・慶子との生活を始めるも、ほどなくして達治は慶子への愛が伝わらないと嘆きつつ暴力を振るうという、愛と憎しみに引き裂かれた日々を送る三好の姿を描いた作品だ。

   J-CASTニュース記者は12月中旬、舞台挨拶後の東出さんにインタビューし、作品に対する思いを聞いた。

(聞き手・構成/J-CASTニュース編集部 坂下朋永)

  • インタビューに答える東出昌大さん
    インタビューに答える東出昌大さん
  • 主演映画「天上の花」のパネル前で笑顔を見せる東出昌大さん
    主演映画「天上の花」のパネル前で笑顔を見せる東出昌大さん
  • インタビューに答える東出昌大さん
  • 主演映画「天上の花」のパネル前で笑顔を見せる東出昌大さん

「向こう側に行っちゃった人」は「人ならざるものの顔」になる

   作中で達治は師と仰ぐ萩原朔太郎の妹・慶子に対する16年4か月の思いを実らせ、福井県の三国に借りた新居で生活を始める。しかし、生活はすぐにいさかいの絶えないものとなり、2人の関係は破綻していく。

――舞台挨拶後のサイン会で、東出さんがファンの方からラストシーンについて話しかけられている姿を拝見しました。当該シーンでは東出さん演じる三好達治が慶子に対して、出ていくのを思いとどまるよう2階の窓から呼びかけていましたが、その時の表情がとにかく狂気じみていたと。

東出:いやー、これはネタバレになっちゃうかもしれませんが、あれは本当に、「人が人に対して絶対に見せてはいけない顔」なんです。まあ、その中では、まだ、序の口なんですが。あの表情が表わしているものは、狂気や空虚さ、あとは虚無とでも言えばいいですかね。

――映画封切り直前に公開された映画の宣伝動画では、このシーンについて監督から、「どれぐらいの気持ち悪い顔が出来るか?」と聞かれ、「相当気持ち悪い顔が出来ます」と答えた上で演じたとおっしゃっていましたが、監督の求める演技、もしくはそれ以上が出来たとお考えでしょうか?

東出:うーん、どうなんでしょう......1つ言えるのは、あのシーンの達治の口から出るセリフというのは、本当に「向こう側に行っちゃった人」のセリフなんです。そんな状況の人間って、やっぱり、「人ならざるものの顔」になってしまっていると思うんです。なので、あのシーンを演じる際には、頭の中にそのような青写真を描きつつ、監督と話し合いながら撮影に臨みました。
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中