2024年 2月 23日 (金)

雪印北海道バターめぐり悪質デマが拡散 SNSで不安の声、メーカーは完全否定「対応を検討中」

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   雪印メグミルクが1925年から販売するロングセラー商品「雪印北海道バター」をめぐり、原材料を偽っているとの荒唐無稽な情報がSNSで拡散している。

   投稿者は不買を呼びかけるなどしているが、同社は取材に完全否定した。消費者からの問い合わせもあり、対応を検討しているという。

  • 雪印メグミルクウェブサイトより
    雪印メグミルクウェブサイトより
  • 実際の投稿
    実際の投稿
  • 雪印メグミルクウェブサイトより
  • 実際の投稿

廃棄呼びかける書き込みも

「この有名な雪印のバターは、表にも裏にも書いてないけど、実は30%マーガリンが入っています。完全に騙している」――。

   一般のツイッターユーザーが2022年12月19日、雪印北海道バターのパッケージ写真とともにこんな書きこみをして広く拡散している。

   商品サイトやパッケージでは、原材料として「生乳(北海道産」「食塩」の2つを記載している。投稿者は、食用油脂などが原料のマーガリンも含まれていると根拠を示さず指摘し、「明治、森永、雪印は人生から排除なり」となぜか雪印の同業他社も含めて不買を推奨した。

   日本乳業協会のウェブサイトによれば、バターは乳等省令で、マーガリンは日本農林規格(JAS規格)で成分規格や製造方法などが定められている。バターは乳脂肪分80パーセント以上、マーガリン類は油脂含有率80パーセント以上がマーガリン、未満はファットスプレッドと区別される。

   投稿者はそのほか、「勇気を持ってポイしましょー!」と廃棄を呼びかけたり、健康被害の恐れを示唆したりしている。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中