2024年 4月 14日 (日)

西武・高橋光成、米国取材メディアはどう評価? メジャー挑戦希望に「興味を示す球団あると思う」

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   西武のエース・高橋光成がポスティング・システムを利用し、将来のメジャー挑戦を希望していることを球団に伝えたことが2022年12月20日に報じられた。

  • 西武の本拠地、ベルーナドーム
    西武の本拠地、ベルーナドーム
  • 西武の本拠地、ベルーナドーム

「投げ方は上半身主導で外国人投手に近い」

   高橋は今季自己最多の12勝をマーク。山本由伸(オリックス)に次ぐリーグ2位の175回2/3を投げ、防御率2.20も自己最高の数字だった。西武を取材するスポーツ紙記者は「今年は投球フォームの改造に踏み切り、無駄な力が入らなくなり制球も改善された。他球団のエースとの対決が多い中、この成績は立派です。ただ、持っている能力を考えるともっとできる。1点も失ってはいけない試合でどれだけ粘れるか。序盤に淡白な投球で失点するケースが見られたので、その部分を修正すれば15勝以上は十分狙える」と期待を込める。

   高橋の魅力は体が強いことだ。大きな故障がなく、先発ローテーションで1年間通じて稼働する。20年から3年連続規定投球回をクリアし、昨年もリーグ2位の173回2/3を投げている。メジャー挑戦の思いを球団に伝えたが、エースの流出を簡単には容認できない。昨年、今年と2年連続「投手5冠」に輝いたオリックス・山本と競う成績を残し、チームに貢献することが求められる。

   メジャーを取材する通信員は「高橋の投げ方は上半身主導で外国人投手に近い。米国の硬い土のマウンドにすぐに対応できるでしょう。球威十分の直球に加え、変化球の精度も上がっている。獲得に興味を示す球団はあると思います」と評する。

   夢を叶えるためにも、来季は西武のエースとして文句のつけられない数字を残せるか。

(中町顕吾)

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中