2024年 2月 24日 (土)

消えたWeb小説への愛を呟き続けたら...10年後にまさかの展開 熱烈ファンの思いが生んだドラマ

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   SNSのおかげで、作家のもとにファンの声が届きやすくなっています。Twitterでファンが作品への愛を発信したことで、思わぬドラマが生まれた例もあります。

   ツイートまとめサービスTogetter(トゥギャッター)が、今回はTwitterユーザーの心をゆさぶる「作家とファン」の話題について探ってみました。

  • SNSが近づけたクリエイターとファンの距離(画像はイメージ)
    SNSが近づけたクリエイターとファンの距離(画像はイメージ)
  • LINEマンガ編集部の公式ツイッターより
    LINEマンガ編集部の公式ツイッターより
  • SNSが近づけたクリエイターとファンの距離(画像はイメージ)
  • LINEマンガ編集部の公式ツイッターより

縮まるクリエイターとファンの距離

   Twitterでは、クリエイターとファンが交流する様子がたびたび見受けられます。注目を集めたのが、『ハリー・ポッター』シリーズの作者・J.K.ローリングさんからリアクションがあった、というエピソードです。

ファンアートを描いた日本人の元に原作者のJ.K.ローリング本人からリプライが...!「ハリポタ好きで絵を描いててよかった」 - Togetter

   あるTwitterユーザーが『ハリー・ポッター』と『ファンタスティック・ビースト』をモチーフにしたファンアートを投稿したところ、なんと原作者のローリングさんから称賛のリプライが届いたそう。

   ローリングさんは、海外のファンのリプライから日本人によるファンアートの存在を知ったそうです。SNSのおかげで国境も言語も越えて、クリエイターとファンの距離が縮まったことがわかるエピソードです。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中