2024年 4月 13日 (土)

「silent」「ぼっち・ざ・ろっく!」下北沢が人気ドラマ&アニメの「W聖地」に 巡礼者殺到で注意喚起も

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   「若者の街」として知られる東京・下北沢周辺エリアが、年の瀬に賑わいを見せている。この冬反響を呼んだ人気ドラマ「silent」(フジテレビ系)、アニメ「ぼっち・ざ・ろっく!」(TOKYO MXなど)の舞台となり、「聖地巡礼」に訪れるファンが相次いでいるのだ。

  • 下北沢エリアが人気作品の「W聖地」に(画像はイメージ)
    下北沢エリアが人気作品の「W聖地」に(画像はイメージ)
  • 下北沢駅前の「silentツリー」にあふれたファンたち(2022年12月25日撮影、一部加工)
    下北沢駅前の「silentツリー」にあふれたファンたち(2022年12月25日撮影、一部加工)
  • 下北沢エリアが人気作品の「W聖地」に(画像はイメージ)
  • 下北沢駅前の「silentツリー」にあふれたファンたち(2022年12月25日撮影、一部加工)

白い「silentツリー」にファン殺到

   2022年12月25日、小田急線下北沢駅南西口広場には人だかりができていた。お目当ては、ドラマ「silent」の白いクリスマスツリー。今冬人気を博したドラマの特設ツリーを写真に収めようと、人々が木の周りを囲むようにカメラを向けていた。

   「silent」は主人公・青羽紬(川口春奈さん)と難病の「若年発症型両側性感音難聴」を患う佐倉想(目黒蓮さん)によるラブストーリーだ。10月6日~12月22日まで全11話が放送され、連日ツイッターでトレンド入りするなど話題に。Official髭男dismの主題歌「Subtitle」もヒットし、一大ブームを巻き起こした。ドラマは28日から関東ローカルで再放送される。

   ロケ地の一つとなったのは、世田谷区の下北沢周辺エリアだ。登場人物が歩いた小田急線東北沢駅~下北沢駅~世田谷代田駅を結ぶ遊歩道などが作品の「聖地」となり、訪れるファンが続出。25日には、紬がよく着用していたブルーのコーデをまとう人の姿も目立った。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中