2024年 4月 17日 (水)

「年収1000万円は遠い過去!」 バス運転士の給与をド直球発信...なぜ?京都市交通局に聞く背景

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   「いいですか、落ち着いて聞いてください」――。京都市交通局が公開した、市バス運転士の給与削減幅が話題になっている。

   約20年前には年収が1000万円ほどあったものの、現在は約半分になっているという。適切な給与水準に引き下げたとアピールしているが、どのような狙いで発信したのか。

  • 京都市交通局ホームページより
    京都市交通局ホームページより
  • 京都市交通局ツイッターより
    京都市交通局ツイッターより
  • 京都市交通局ホームページより
  • 京都市交通局ツイッターより

「もうずーっと前から市バス運転士の給料は...」

   医師風の人物が正面を見据え、こんな一言を告げる。「いいですか、落ち着いて聞いてください。年収1000万円の市バス運転手は存在しません」。

   京都市交通局が2022年12月27日、ツイッターなどで公開したイラストの一幕だ。2022年の「ネット流行語100」にも選ばれ、衝撃的な内容を伝える際に使われるネット俗語「いいですか、落ち着いて聞いてください」に絡めた制作物である。

   「年収1,000万円は遠い過去!現在は適正な給与水準です!」とまくしたてるようなツイートもしており、専用ページでは「もうずーっと前から市バス運転士の給料は民間のバス運転士と同水準なんです!!!!(クソデカボイス)」(原文ママ)と声高に訴えている。

   補足資料によれば、1999年度の京都市営バス運転手の平均年収は926万円だった。しかし、段階的な見直しで2021年度は542万円と半分ほどになり、民間のバス運転手(529万円)と同水準、政令指定都市のバス事業者(655万円)より安いという。

京都市交通局資料より
京都市交通局資料より

   交通局は今後も、仕事へのやりがいを維持しつつ、業務の効率化や残業削減、職員数の適正化などを通じて人件費の抑制に努めるとする。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中