2024年 2月 22日 (木)

今こそ復活してほしい「年末年始特番」は? アンケートで圧倒的1位に選ばれた「年の瀬の風物詩」

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   いよいよ終わりを迎える2022年。年末には「日本レコード大賞」(TBS系)や「NHK紅白歌合戦」、年が明けると「芸能人格付けチェック」(テレビ朝日系)や「夢対決とんねるずのスポーツ王は俺だ!!」(同)など、毎年お馴染みの特番が放送される。

   一方で、現在は放送されていない「定番」も過去には数多く存在した。そこでJ-CASTニュースは「今こそ復活してほしい年末年始特番」を問う読者アンケートを実施。1位になったのは、3人に1人が復活を願う「あの番組」だった。

  • 復活してほしい年末年始特番は?(画像はイメージ)
    復活してほしい年末年始特番は?(画像はイメージ)
  • アンケート結果①
    アンケート結果①
  • アンケート結果②
    アンケート結果②
  • 復活してほしい年末年始特番は?(画像はイメージ)
  • アンケート結果①
  • アンケート結果②

4位は47年間続いた「長寿番組」

   アンケートでは過去に年末年始に放送されていた20の特番を対象とし、2022年12月13日に投票を開始。12月22日18時時点で集まった5954票を集計した。ここでは上位5番組を紹介する。

   5位は「よゐこの無人島0円生活」(テレビ朝日系、246票)。お笑いコンビ・よゐこ(濱口優さん、有野晋哉さん)が無人島で自給自足生活を送る番組だ。「いきなり!黄金伝説。」(2016年終了)から派生した特番で、06年から18年まで年末年始を中心に放送されていた。濱口さんが魚を捕獲したときなどに発するセリフ「とったど〜」が流行し、番組をモチーフにしたニンテンドーDSのゲーム「とったど〜 よゐこの無人島生活。」も発売された。

   4位は「新春かくし芸大会」(フジテレビ系、259票)。1964年から2010年まで年始に放送された日本を代表する長寿番組だ。芸能人たちが2チームに分かれ、ひそかに磨いてきた妙技を披露し合う。中でも堺正章さんは「ミスターかくし芸」の異名をとり、代名詞の「テーブルクロス引き」など難易度の高い芸の数々を披露してきた。かつては高視聴率番組だったが、晩年は人気が低迷していた。

   3位は「ザ・イロモネア」(TBS系、267票)。芸人たちがショートコント、一発ギャグ、モノマネ、モノボケ、サイレントの5ジャンルからいずれかを選び、制限時間内に指定された観客を笑わせる競技型のお笑い番組だ。時間に追われて焦る芸人の姿や笑わない観客の存在など、普通のお笑い番組にはない独特な要素が魅力だった。05年から年始などに放送され、一時はレギュラー番組として放送していた時期もあったが、18年からは放送がない。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中