2024年 2月 22日 (木)

井上尚弥のSバンタム級ライバルは誰? 2人の全勝王者にネリ、亀田和毅も...金平桂一郎会長が展望する2023年

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   プロボクシングの世界バンタム級3団体統一王者・井上尚弥(大橋、29)が2022年12月13日に東京・有明アリーナでWBO世界バンタム級王者ポール・バトラー(英国、34)と対戦し11回KO勝利を収め悲願の世界4団体王座統一に成功した。

  • 井上尚弥選手(写真:山口フィニート裕朗/アフロ)
    井上尚弥選手(写真:山口フィニート裕朗/アフロ)
  • 井上尚弥選手(写真:山口フィニート裕朗/アフロ)

Sバンタム級4団体王座統一戦はいまだ実現せず

   日本人選手として初めて世界の主要4団体王座を統一した井上。バンタム級を完全制覇した「モンスター」の次なるステージはスーパーバンタム級となる。井上は12年10月のプロデビュー以来負けなしの24連勝中(21KO)で世界戦は19戦全勝(17KO)だ。

   ライバル王者を次々となぎ倒し改めて「世界一」を証明した井上が、未知なるスーパーバンタム級でどのようなパフォーマンスを見せるのか。そして井上の前に立ちはだかる選手は出てくるのだろうか。J-CASTニュース編集部はプロボクシングTMKジムの金平桂一郎会長(57)に23年の展望を占ってもらった。

   スーパーバンタム級には現在、主要4団体の中で2人の世界王者が存在する。WBA・IBF王者ムロジョン・アフマダリエフ(ウズベキスタン、28)とWBC・WBO王者スティーブン・フルトン(米国、28)だ。ともにプロデビュー以来全勝でアフマダリエフは11勝(8KO)、フルトンは21勝(8KO)の戦績を誇る。

   海外メディアで両王者による世界4団体王座統一戦の話題が持ち上がるもいまだ実現せず、フルトンは次戦で1階級上のWBC世界フェザー級暫定王座決定戦に出場する可能性もある。一方のアフマダリエフはIBFから同級1位マーロン・タパレス(フィリピン、30)との指名試合を課されている状況にある。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中