2024年 3月 3日 (日)

50個限定福袋に客殺到...転倒&怒号騒ぎ 秋葉原の中古品店が謝罪「大変な混雑」「危険な状況に」

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   東京・秋葉原の店舗で開催された初売りセールで、客が転倒するなどのトラブルが発生した。SNSでは、スマートフォンやPCの中古買取・販売を手がけるイオシスアキバ路地裏店に多くの人々が殺到する様子が拡散されている。

   運営するイオシス(大阪市)は2023年1月5日、初売りで発生した混雑について公式サイトなどで謝罪した。

  • トラブルがあったイオシスアキバ路地裏店(モザイクは編集部)/ツイッターユーザー@ArunoPcさん提供
    トラブルがあったイオシスアキバ路地裏店(モザイクは編集部)/ツイッターユーザー@ArunoPcさん提供
  • イオシスアキバ路地裏店の福袋に関する案内
    イオシスアキバ路地裏店の福袋に関する案内
  • トラブルがあったイオシスアキバ路地裏店(モザイクは編集部)/ツイッターユーザー@ArunoPcさん提供
  • イオシスアキバ路地裏店の福袋に関する案内

「お客様が転倒するなどの危険な状況に至ってしまった」

   「けっこう安い」の看板で知られるイオシスアキバ路地裏店は3日、ジャンク品入りの福袋「不幸袋」を販売した。店舗のツイッターアカウントによれば、毎年恒例の商品で今年は50個限定で販売するという。ゲーミングノートパソコンのジャンク品が含まれるものもあるそうだ。

   事前に紹介された販売方法によれば、開店時刻に店員の「開始」の合図をもって販売を始める。開始と同時に1人1袋選んでレジで購入できるが、「並んだ順ではないので早めに並んだから買えるわけではありません」と案内されていた。

   ツイッターやユーチューブには当日の様子を紹介する動画などが複数投稿されている。これらの投稿によれば、多くの人々が殺到し客が転倒したり怒号が飛び交ったりする場面も見られた。

   こうした事態を受けてイオシスは5日、公式サイトに「初売りセール時の混雑発生についてのお詫び」を掲載した。

「弊社イオシスアキバ路地裏店において行った初売りセール販売時において、想定を超える多数のお客様が来店されたことで大変な混雑が発生してしまい、お客様が転倒するなどの危険な状況に至ってしまったことにつきまして、皆様には不快な思いと多大なご迷惑をお掛けしたことを深くお詫び申し上げます」
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中