2024年 2月 21日 (水)

中日の開幕投手は誰?高木豊氏が独自予想 「非常にリーダーシップがある」挙げた選手は

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   プロ野球横浜ベイスターズ、日本ハムでプレーした野球解説者の高木豊氏(64)が2023年1月9日にユーチューブチャンネルを更新し、中日の今季開幕オーダーを独自に予想した。

  • 高木豊氏(写真:西村尚己/アフロスポーツ
    高木豊氏(写真:西村尚己/アフロスポーツ
  • 高木豊氏(写真:西村尚己/アフロスポーツ

「柳が投手の中心になって引っ張っていってほしい」

   立浪和義監督(53)就任1年目の昨季は66勝75敗2分けでリーグ最下位に沈んだ。チームの立て直しに向けて昨オフは、阿部寿樹内野手(33)、京田陽太内野手(28)らの交換トレードを成立させ、無償トレードでロッテから加藤匠馬捕手(30)を獲得。積極的に戦力補強を行ってきた

   高木氏が予想した開幕オーダーは、1番センター岡林勇希(20)、2番レフト大島洋平(37)、3番ライト・アキーノ(28)、4番ファースト・ビシエド(33)、5番セカンド高橋周平(28)、6番サード石川昂弥(21)、7番キャッチャー木下拓哉(31)、8番ショート土田龍空(20)だ。

   開幕投手には柳裕也投手(28)の名を挙げた。プロ6年目となる昨季は24試合に先発して9勝11敗、防御率3.64の数字を残した。今季も先発ローテーションの一角として大きな期待がかかる。

   高木氏は「彼(柳)はしゃべりのセンスもあるし非常にリーダーシップがある」と人柄を高く評価し、「そういう意味では柳が投手の中心になって引っ張っていってほしい。あれだけ打てなくても我慢して、調子が悪いけど我慢強く投げて。そういう見本になれる選手」と開幕投手に選出した理由を説明した。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中