2024年 2月 25日 (日)

ソフトバンク流出の田中正義はなぜ「プロテクト漏れ」だったのか ドラフト5球団競合も...日ハムOBの見解は

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   プロ野球・日本ハムの元投手で野球解説者の岩本勉氏(51)が2023年1月10日にYouTubeチャンネルを更新し、近藤健介外野手(29)のフリーエージェント(FA)移籍に伴う人的補償でソフトバンクから日本ハムに移籍した田中正義投手(28)に言及した。

  • 田中正義投手(写真:アフロスポーツ)
    田中正義投手(写真:アフロスポーツ)
  • 田中正義投手(写真:アフロスポーツ)

「新しい環境で化けるんじゃないか」

   田中は16年ドラフト会議で5球団が1位競合。当時、日本ハムも入札したが交渉権を得ることができず、権利を獲得したソフトバンクへの入団が決まった。

   プロ1年目の17年は右肩の違和感などもあり1軍での登板はなく、18年は10試合に登板して0勝1敗。21年は18試合に登板するも勝ち負けが付かず、昨季は5試合の登板に留まった。プロ6年で34試合に登板して0勝1敗2ホールド、防御率4.25。

   岩本氏は「ずっと追いかけていた選手が他チームに行ってしまったという現実」と16年ドラフトを振り返り、「でもずっと評価は変わっていなかった。いろいろ情報を集めると。やっぱりいい投手だということで今回まさかのプロテクトから外れていた田中正義投手を獲得」と声を弾ませた。

   ドラフト1位ながらプロ6年間で未勝利の右腕。岩本氏はソフトバンクが田中をプロテクトしなかった理由について自身の見解を示した。

   「ホークスからするとあれだけ期待をして、いの一番で指名した選手。クジまで引き当てた選手が、実際成績が出ていないとなった時にプロテクトする根拠がなかったということかな」とし、「ファイターズの評価は変わっていないし指名したころよりも体が強くなって苦い経験も経験済み。新しい環境で化けるんじゃないかという話。化けると思います」と続けた。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中