2024年 2月 27日 (火)

将棋「鼻出しマスク」で反則負け 本人は「着用強制」批判も...連盟「政府の方針・基準に則った対応をする」

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   2023年1月10日に行われた将棋のタイトルをかけた名人戦の予選にあたるC級1組の順位戦で、日浦市郎八段(56)が平藤眞吾七段(59)と対局して、マスク着用の規定違反とされて反則負けになった。

   日浦八段は、これまで週刊誌などで対局中の「マスク着用強制ルール」を批判していた。主催者の日本将棋連盟は1月11日に「着用については議論があるが、政府の方針・基準に則った対応をする」と公式サイト上で説明した。

  • 開始直後からトラブルに(写真はイメージ)
    開始直後からトラブルに(写真はイメージ)
  • 日浦市郎八段(日本将棋連盟のサイトから)
    日浦市郎八段(日本将棋連盟のサイトから)
  • 開始直後からトラブルに(写真はイメージ)
  • 日浦市郎八段(日本将棋連盟のサイトから)

「応じなければ反則負けになる」と伝えたが、日浦八段は突っぱねる

   主催者でもある朝日新聞などの報道によると、新型コロナウイルスの感染拡大やノーマスクを嫌がる棋士の存在から、連盟が2022年2月1日から「対局中は、一時的な場合を除き、マスク(原則として不織布)を着用」といった臨時対局規定の運用をスタートした。そして、規定に反したときは、「反則負けとする」と定めた。一時的な場合とは、飲食中だったり、人と2メートル以上離れていたりするときを指す。

   同年10月28日のA級順位戦では、佐藤天彦九段(34)が対局中のマスク不着用で反則負けとなり、初のケースと大きな話題になった。対局相手からの訴えを受けて連盟が決定したが、佐藤九段は、故意ではなく過失だったとして、不服申立書を公表している。

   ところが、今回の日浦八段は、週刊文春の取材やユーチューバーとの対談を通じて、マスク着用の強制はおかしいと連盟の規定に異議を唱えていた。そして、23年1月10日に行われた平藤七段との対局をめぐり、朝日新聞は日浦八段が「鼻出しマスク」で反則負けになったと報じた。それによると、対局開始直後に平藤七段から相談があり、立会人が鼻もマスクで覆うよう何度か促したという。連盟とも協議し、「応じなければ反則負けになる可能性もある」と伝えたが、日浦八段には断られていたという。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中