2024年 4月 17日 (水)

鑑賞中の「スマートウォッチ」はこんなに目立つ! 博多座の「検証動画」が話題...背景に「光への頻繁な苦情」

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   福岡市の演劇専用劇場「博多座」が、鑑賞時の思わぬマナー違反に注意を促している。

   暗闇でのスマートフォン操作に加え、最近ではスマートウォッチの光が周囲の迷惑になっているという。宣伝担当者によれば、半年前から苦情が頻繁に寄せられるようになった。

  • 博多座ツイッターより
    博多座ツイッターより
  • 博多座ツイッターより

「観たいのは『推し』という光」

   博多座は、ミュージカル「エリザベート」の公演を翌日に控えた2023年1月10日、鑑賞マナーに関する検証動画をツイッターで公開した。スマホやスマートウォッチの光がどれほど迷惑か可視化する趣旨だ。

   関係者が実際に暗闇の座席でスマホを操作し、「シンプルに目立つ」と周囲からの見え方を伝える。スマートウォッチでは、スマホほどではないものの「それなりに目立つ」と啓蒙した。

   「最近は特にスマートウォッチの通知が無意識に光っている方が増えておりますので今一度ご配慮いただれば」と要望し、開演前の電源オフか、光や音が出ない設定にするよう理解を求めた。動画は最後、「観たいのは『推し』という光」とのフレーズで締めくくっている。

   投稿は2万以上リツイートされ、特にスマートウォッチへの注意喚起が注目された。「悪気も自覚も無いであろうスマートウォッチの光もめっちゃ目立つ」「大劇場でスマートウォッチをそのままにしている人いたなあ。気になるしほんと嫌だった...」と不愉快な思いをしたことがある人は少なくないようだ。

   多くのスマートウォッチは、メールや電話、ヘルスケア情報などの通知機能がある。手首の動きで画面のオンオフを切り替える設定もあり、意図せず画面が点灯する場合がある。人気のApple Watch、Google Pixel Watch、Fitbitなどには「シアターモード」や「サイレントモード」といった名称で画面点灯を抑える機能がある。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中