2024年 3月 4日 (月)

「私が会った日本人のなかで最悪」「嘘をついて移籍」 サッカー韓国リーグ監督の激怒騒動、天野純は真っ向反論

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   サッカー韓国プロリーグ蔚山現代の洪明甫監督(ホン・ミョンボ=53)が元日本代表MF天野純(31)を痛烈に批判した。複数の韓国メディアが2023年1月11日に報じた。

   天野は昨季、J1横浜Fマリノスから蔚山に期限付き移籍をした。チームの主力としてリーグ戦30試合に出場して9ゴール1アシストを記録し、17年ぶりのリーグ優勝に大きく貢献。今オフに全北現代への期限付き移籍が決まった。

  • ホン・ミョンボ監督(写真:Action Images/アフロ)
    ホン・ミョンボ監督(写真:Action Images/アフロ)
  • ホン・ミョンボ監督(写真:Action Images/アフロ)

「天野は私が会った日本人のなかで最悪」

   蔚山現代と全北現代は国内リーグにおいて長年ライバル関係にあり、天野が移籍した経緯に納得のいかない洪監督が報道陣に怒りをぶちまけたという。

   スポーツメディア「スポーツソウル」(WEB版)によると、洪監督は昨シーズン終了後、天野が日本に帰国する前にクラブ残留を口頭で約束した。ところが年明けに全北現代への移籍が発表され、天野が一方的に約束を破ったとして洪監督が怒りを示した。

   洪監督は同メディアの取材に対して「天野は私に嘘をついて全北現代に行った」と怒りをにじませ、「天野は私が会った日本人のなかで最悪。我々の選手とクラブを尊重しなかった」と強い口調で批判したという。

   天野の移籍をめぐり条件面で全北現代が蔚山現代を上回ったようだ。同メディアによると、蔚山現代、全北現代ともに横浜Fマリノスに支払うレンタル料は同額だったが、全北現代は天野に蔚山現代よりも10万ドル(約1320万円)多い年俸を提示したという。

   洪監督は「プロはお金によって動くこともあるが、(天野は)私に『(お金は)構わないから残留する』と話した」と主張し、「最初から素直に話していればチームに貢献してくれただけにいつでも送り出すことができた。お金のためにこのようなやり方でチームを離れてしまうのは違うと思う」と強調した。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中