2024年 2月 23日 (金)

「私に嘘をついた」洪明甫監督激怒の元日本代表MF移籍騒動 韓国メディアは「天野ダービー」に注目

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   サッカー元日本代表MF天野純(31)のクラブ移籍騒動が韓国で物議を醸している。

   天野は昨季J1横浜F・マリノスから蔚山現代に期限付き移籍した。リーグ戦30試合に出場して9ゴール1アシストをマークするなどチームの17年ぶりのリーグ優勝に大きく貢献。天野は今季も韓国リーグに戦いの場を求め、全北現代に期限付き移籍が決まった。

  • 洪明甫監督(写真:Action Images/アフロ)
    洪明甫監督(写真:Action Images/アフロ)
  • 洪明甫監督(写真:Action Images/アフロ)

「天野は私が会った日本人のなかで最悪」

   移籍騒動の発端となったのは蔚山現代の洪明甫(ホン・ミョンボ)監督(53)の発言だ。複数の地元メディアが2023年1月11日、洪監督が移籍の過程で天野に「約束」を破られ激怒していると伝えた。

   地元メディアによると、洪監督は昨シーズン終了後に天野が日本に帰国する前に口頭でクラブ残留を「約束」したとして、「天野が私に嘘をついて全北現代に行った」「天野は私にお金は構わないから残留すると話した」「天野は私が会った日本人のなかで最悪」などと怒りをぶちまけた。

   これらの報道を受けた天野は12日のチーム練習後に地元メディアの取材に応じ、洪監督の発言を真っ向から否定した。

   地元通信社「聯合ニュース」(WEB版)によると、天野は洪監督に「クラブに残る」と言った事実を認めつつ、「洪監督は私が嘘つきで、お金を選んで移籍をしたと言ったが全く事実と違う」と訴えた。

   昨季リーグ優勝を果たした蔚山現代と韓国リーグ最多優勝を誇る全北現代が長年ライバル関係にあることから、地元メディア「NEWSIS」(WEB版)は、天野の移籍過程をめぐり両クラブの感情が激しくなっていると伝えた。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中