2024年 4月 22日 (月)

「痛すぎて涙出た」「こんな奥までズボーッて...」 人気YouTuberが伝えた「鼻焼き手術」の壮絶さ

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   女性YouTuberのきりたんぽさんが2023年1月12日、アレルギー性鼻炎の治療のため鼻の粘膜を焼く手術を受けたことを動画で明かした。

  • きりたんぽさんのインスタグラム(kiritampopopo)より
    きりたんぽさんのインスタグラム(kiritampopopo)より
  • きりたんぽさんのインスタグラム(kiritampopopo)より

「私の鼻声が聞きづらいということを改善していきたい」

   きりたんぽさんは「とうとう決心がつきました」と題した動画で手術の様子を語った。

   「動画上、私の鼻声が聞きづらいということを改善していきたい」としたきりたんぽさん。視聴者から「鼻の風邪を引いてるの?」など心配の声を受けることもあるそうで、治療法を探してみたとした。

「(治療法が)あったんです。『鼻を焼く』というパワーワードがあったんです」

   慢性鼻炎とアレルギー性鼻炎があるというきりたんぽさんは、治療のため車で移動。同じ病院で鼻を焼く治療を受けたことがあるという撮影スタッフが「一瞬で終わった」と語るも、きりたんぽさんは「『めっちゃ痛かった』っていう人もいれば、『全然何にもなかった』みたいな(人もいる)」として、不安そうな様子を見せた。

   病院に着くと画面は切り替わり、治療中の音声に。鼻にスプレータイプの薬を吹き付け、塗り薬を塗るなどの様子もあった。きりたんぽさんは麻酔を受け、医師やスタッフの言葉に「怖い。痛かった」などと答えていた。

   麻酔などの事前処置を終え、鼻にガーゼを詰められた状態のきりたんぽさんはカメラに鼻の様子を映しながら「痛すぎて涙出た」と涙目で語った。

「『はいちょっと痛いよ?』って、グリグリって(ガーゼを詰められた)! えぇ!? 嘘でしょ!? もう予想外の痛みで怖くなっちゃって......人ってこんなに鼻(の奥)が繋がってるんだなっていうところまで押し込まれた」
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中