2024年 2月 26日 (月)

「井上尚弥に最初の黒星を付ける」 32歳無敗の元暫定王者が宣戦布告「レジェンドになる準備できている」

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   プロボクシングの元WBA世界スーパーバンタム級暫定王者ライース・アリーム(米国、32)が井上尚弥(大橋、29)に宣戦布告した。米ボクシング専門メディア「ボクシングシーン」(WEB版)が2023年1月13日に報じた。

  • 井上尚弥選手(写真:山口フィニート裕朗/アフロ)
    井上尚弥選手(写真:山口フィニート裕朗/アフロ)
  • 井上尚弥選手(写真:山口フィニート裕朗/アフロ)

アリーム「井上は真のチャンピオン」

   昨年12月に世界バンタム級4団体王座統一に成功した井上は1月13日、同4団体王座を返上してスーパーバンタム級に転向することを発表。スーパーバンタム級初戦に注目が集まる中、元同級暫定王者アリームが対戦相手に名乗りを上げた。

   米国ボクシング専門メディア「ボクシングシーン」(WEB版)は1月13日、「アリームは井上尚弥との対戦を望んでいる:井上に最初の黒星を付ける!」とのタイトルで記事を公開した。

   アリームは21年1月にWBA世界スーパーバンタム級暫定王座を獲得。その後WBAが暫定王座を廃止したため正規王者と王座統一戦を行うことなく「暫定王者」の肩書が外れた。現在の世界ランキングはWBO同級1位、WBC、IBFともに4位につけている。戦績は20戦全勝(12KO)。

   同メディアの取材に対してアリームは「井上尚弥に初めて黒星を付ける選手になりたい」とアピールし、「井上は真のチャンピオンであり、現在のスーパーバンタム級のチャンピオンとは異なりあらゆる相手と喜んで対戦してきたボクサーだ」とリスペクトした。

   さらに「井上に対戦を呼びかけているのは俺だけだ。みんな怖がっている。『モンスター』と『ビースト』どちらが怖いか。2人の無敗記録をかけて戦おうじゃないか」と呼び掛けた。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中