2024年 4月 17日 (水)

「あんたなんか産まなきゃよかった」親から虐待 南京錠で監禁、暴力も...BreakingDown出場者の壮絶過去

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   1分間の格闘技大会「BreakingDown7」オーディション参加者でエステティシャンの宮里かおりさんが2023年1月14日、虐待やいじめなど幼少期の壮絶な過去をYouTubeチャンネルの動画で明かした。宮里さんは大麻所持で有罪判決を受け、現在は執行猶予中だ。

  • 宮里かおりさんのYouTubeチャンネルより
    宮里かおりさんのYouTubeチャンネルより
  • 宮里かおりさんのYouTubeチャンネルより

「物心がついた時から両親から虐待を受けていました」

   宮里さんが公開したのは、「【どん底人生】宮里かおりの25年間」と題した動画だ。留置場にいた際に使っていたというノートを手に持ち、幼少期に受けた虐待やいじめ、大麻所持による逮捕や自殺未遂の過去を読み上げた。

   宮里さんは「物心がついた時から両親から虐待を受けていました」としながら、具体的な内容について「手足をガムテープで縛られて、口の中にタバスコを入れられて、口にもガムテープをして。まだちっちゃかったんで、収納ボックスに入れられて、南京錠して1日監禁。トイレにも行かせてもらえないっていう生活を小学校に上がる前まで送ってました」と説明した。殴る、蹴るといった虐待は中学生のころまで続いたという。

   「小学校上がる前に私のお父さんとお母さんは離婚して、私は母親のもとで育てられたんですけど、そこでもお母さんからの言葉の暴力もひどかった」と明かし「『あんたなんか産まなきゃよかった』とかそういうセリフはずっと言われてきました。授業参観でも『何であんたのために仕事休まなあかんの』って言われたことがあって、そこから私のお母さんは一度も卒業式も入学式も、結婚式も来てくれませんでした」と話した。

   宮里さんは、「やられたら倍返しっていうアレがあったんで、いじめに関してはそんなにメンタル食らってないんですけど」としながら、周囲から「容姿について言われることが多かった」といい「小学校の頃は外人外人って言われてたから友達がなかなかできなくて」「中学ではチンパンジーとかゴリラって言われて、高校は大根。『だいちゃん』というあだ名がついてたくらい」などと語った。宮里さんは過去の動画で、自身がブラジル国籍で、父親が日系ブラジル人、母親がブラジル人であることを明かしている。

   専門学生時代に鬱病の診断を受け、1年で中退。就職し、後述する逮捕までの5年間勤めたが「鬱って波があるんだけど、1回へこむと仕事ができなくなる」として1か月ほど休むことも3回ほどあったという。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中