2024年 2月 25日 (日)

韓国サッカー「監督激怒」騒動が泥沼化 移籍の天野純主張にクラブ猛反論「年俸と条件面で合意」

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   韓国プロサッカーリーグでプレーする天野純(全北現代、31)の移籍をめぐる騒動が泥沼化の様相を呈してきた。天野の古巣・蔚山現代は2023年1月16日に会見を開き、全北現代に移籍した天野の主張を真っ向から反論した。複数の地元メディアが報じた。

  • 洪明甫監督(写真:AP/アフロ)
    洪明甫監督(写真:AP/アフロ)
  • 洪明甫監督(写真:AP/アフロ)

蔚山現代「年俸・条件面は合意」

   スポーツメディア「スポーツソウル」(WEB版)によると、蔚山現代は記者会見でメディアに2枚の資料を配布。資料には「天野純移籍に関するメディアブリーフィング」とのタイトルが付けられ、残留を要請するクラブと天野とのやりとりが日付順に事細かに記してあったという。

   1枚目の資料では、22年7月に蔚山現代が天野のエージェントを通して23年の契約論議が進められ、10月下旬に洪明甫(ホン・ミョンボ)監督(53)をはじめチームスタッフと個人面談を行い、クラブ事務局と最終ミーティングを実施したとした。

   2枚目の資料では天野の主張に対して蔚山現代が「事実」の相違を指摘した。

   天野が会見で「契約について正式に話し合ったことない。蔚山現代が本気で(残留を)考えて席を設けてくれたことはない」とコメントしたことに対して「事実ではない」と反論。昨年7月、10月、11月に完全移籍もしくはレンタル移籍延長について論議しており、年俸と条件面について合意に達していたと主張した。

   騒動の発端は洪監督が、天野の移籍経緯をめぐり地元メディアに怒りをぶちまけたことにある。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中