2024年 2月 23日 (金)

水道橋博士残り任期を「1年ずつ5人で分割」 「れいわローテ」野党も批判続々「常識では非常に考えにくい」

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   れいわ新選組の水道橋博士参院議員の辞職にともなう繰り上げ当選者の扱いに、野党からも困惑が広がっている。2022年夏の参院選で比例名簿に載った落選者のうち、得票数が多い順に1年ごとに議員を務めるという方針だ。

   23年1月16日に記者会見した山本太郎代表の弁によると、残された任期を「より有効に活用」するための方策だという。だが、こういったやり方はそもそも制度が予定していない上に、仮に議席が割り当てられた人が離党した場合の扱いなど、運用面でも課題が浮上している。

  • 水道橋博士参院議員の辞職をめぐる「れいわローテーション」は、比例代表制のあり方に一石を投じることになりそうだ
    水道橋博士参院議員の辞職をめぐる「れいわローテーション」は、比例代表制のあり方に一石を投じることになりそうだ
  • 水道橋博士参院議員の辞職をめぐる「れいわローテーション」は、比例代表制のあり方に一石を投じることになりそうだ

得票数3位以下の比例名簿登載者で議席をローテ

   水道橋氏は22年11月、うつ病であることを公表。議員活動を休止しており、1月16日に辞職した。一般的には、比例で当選した議員が辞職した場合は、比例名簿の次点が繰り上がり、残りの任期を務める。れいわは、この任期を分割することにした。れいわは22年夏の参院選で、水道橋氏ら2議席を獲得。残る5年半の任期について、個人の得票順で3位以下だった大島九州男氏→長谷川羽衣子氏→辻恵氏→蓮池透氏→依田花蓮氏の順番で議員を務める。具体的には、水道橋氏の次には大島氏が議員になり、1年後に辞職して長谷川氏にバトンタッチする、という想定で、山本氏はこれを「れいわローテーション」と「命名」した。

   この突然の方針に、野党には困惑が広がった。共産党の小池晃書記局長は、1月16日の記者会見で記者から「ローテーション」を知らされ、次のように応じるにとどめた。

「事実とすれば、それはちょっと制度のあり方としていかがなものかなという思いはあるが、基本的には比例代表というのは党で運営して判断する選挙でもあるという面もあると思う。今の時点で、きちんとしたコメントは今聞いたばかりなので...。その程度にしておきたい」
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中