2024年 4月 25日 (木)

JAL国内線から消える「お値打ち座席」 格安フルフラット体験で人気も...「777」退役で幕

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   日本航空(JAL)の国内線を飛ぶ大型機が、あと半年ほどで完全に世代交代することになりそうだ。JALが2023年1月17日に発表した国内線の便数計画で、ボーイング777-200ER型機が23年度上期中に退役することが明らかになったからだ。

   777型機の後継にあたる大型機のエアバスA350-900型機の導入が進んだためで、これでJALの国内線から777型機は姿を消すことになる。777型機のうち、国内線で最後まで活躍していた777-200ER型は、コロナ禍で需要が減った国際線から「異動」してきた機体。上級座席の「クラスJ」では、国際線のビジネスクラスで使われていたフルフラットシートが使えるとして、高い人気を誇っていた。具体的な退役時期は改めて発表するとしている。

  • 福岡空港に駐機中の日本航空(JAL)のボーイング777-200ER型機。運航されているのは3機を残すのみだ
    福岡空港に駐機中の日本航空(JAL)のボーイング777-200ER型機。運航されているのは3機を残すのみだ
  • 「クラスJ」では、国際線向けのフルフラットシートがそのまま使える
    「クラスJ」では、国際線向けのフルフラットシートがそのまま使える
  • PCも余裕をもって使える広さだ
    PCも余裕をもって使える広さだ
  • 福岡空港に駐機中の日本航空(JAL)のボーイング777-200ER型機。運航されているのは3機を残すのみだ
  • 「クラスJ」では、国際線向けのフルフラットシートがそのまま使える
  • PCも余裕をもって使える広さだ

日本とシンガポールやバンコクを結んできた機体

   日本の航空会社が導入した777型機は大きく4種類。標準型にあたる777-200型と、航続距離を伸ばした777-200ER型(ER=extended range)、その全長を長くした777-300型、その長距離版の777-300ER型だ。JALでは1996年に777型機がお目見えし、777-200型と777-300型はすでに退役している。777-300ER型は国際線で運用が続く。

   今回退役が発表された777-200ER型は、2002年に国際線向けに導入が始まった。16年から「SKY SUITE」(スカイスイート)と呼ばれる新座席に取り換えられ、ビジネスクラスにはフルフラットシートを備えている。日本とバンコク、シンガポール、ホノルルなどを結ぶ主に中距離路線で活躍してきたが、コロナ禍で国際線の需要が激減し、一部は国内線で運用されてきた。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中