2024年 3月 1日 (金)

「美術館で足音が響きにくい靴」をプロ打楽器奏者が絶賛 ニッチ需要の商品が驚きの活躍...メーカー「大変光栄」

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   「今までの本番靴の中で一番かも」――ミュージアム鑑賞を楽しむために開発された「音が響きにくいエナメルTストラップシューズ」が、プロの打楽器奏者に絶賛された。静かに歩き回れる仕様が、舞台を動き回る音楽家のニーズに応えた。

   J-CASTニュースは、靴を開発したフェリシモ(神戸市)と、愛用する打楽器奏者・腰野真那さんに取材した。

  • 音が響きにくいエナメルTストラップシューズ
    音が響きにくいエナメルTストラップシューズ
  • 音が響きにくいエナメルTストラップシューズ
    音が響きにくいエナメルTストラップシューズ
  • 音が響きにくいエナメルTストラップシューズ
  • 音が響きにくいエナメルTストラップシューズ

「余計なことを考えず演奏だけに集中することが出来る」

   腰野さんはオーケストラでの演奏を中心に活躍する打楽器奏者で、2016年から新日本フィルハーモニー交響楽団に所属している。ツイッターで2023年1月16日、フェリシモの靴を「打楽器奏者のために作られたかのようにめちゃくちゃ良い」と評した。靴の音が静かで、本番の公演で愛用しているという。

   紹介した「音が響きにくいエナメルTストラップシューズ」は、21年10月に発売された。3センチのヒールが設けられているが、美術館のアートに集中できるよう、靴音が出にくく作られている。外観は黒のエナメル素材で、ストラップが設けられている。長時間歩き回っても疲れないよう、履き心地にもこだわっているそうだ。

   取材に対し腰野さんは、日ごろから公演に適した黒い靴を探していたと述べる。オーケストラの演奏では、全身黒のフォーマルな衣装を着用することが多いためだ。

「打楽器奏者の場合は、立って演奏する、脚を大きく開く、移動や動きが大きいのでネジや突起物に引っかからないようにする、など、その他たくさんの制約や都合があるので、買い物の際はいつも、ちょうどいい黒い服や靴が無いかとチェックすることが癖になっています」

   フェリシモの靴はSNSの広告を見て気になっていたそうで、買い替えのタイミングで購入。その履き心地に感動した。

「音楽家は自分の出す音が全てです。それが商品になります。自分が出す楽器の音に、本来必要の無い靴の音が混じると、自分の商品に自分で傷をつけているような気分になるんです。 このフェリシモさんの靴なら自分の音だけを考えられます。そして、履きやすさや、疲れにくい所もとても助かっています。本当に、余計なことを考えず演奏だけに集中することが出来る靴なんです」
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中