2024年 2月 28日 (水)

「明らかに誤った行動をした」 WBC韓国代表に元大リーガー苦言...エース候補の「落選理由」に不満露わ

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)が2023年3月に開幕する。1次ラウンドで日本と同組の韓国では、元大リーガーで国内リーグに所属するチュ・シンス外野手(40)のWBC代表選考に関する発言が物議を醸している。複数の地元メディアが1月24日に報じた。

  • チュ・シンス選手(写真:AP/アフロ)
    チュ・シンス選手(写真:AP/アフロ)
  • チュ・シンス選手(写真:AP/アフロ)

「第三者として本当に残念だ」

   韓国メディア「中央日報」(WEB版)によると、チュは米テキサス州の韓国系コミュニティのラジオ番組に出演し、WBC韓国代表の選考について私見を述べた。

   チュが問題視したのは、アン・ウジン投手(23)が代表落ちしたことだ。アンは国内リーグのキウム・ヒーローズに所属する若手で、昨季は31試合に登板して15勝をマーク。防御率2.11、224奪三振はリーグトップだった。

   代表落選の背景にアンの高校時代の暴力問題があるという。高校時代に野球部のチームメイトに暴力を振るったとして大韓野球ソフトボール協会から資格停止処分を受け、規定により五輪、アジア大会などの代表入りが認められていない。WBCは規定対象外となるが世論の反応などから代表入りが見送られた。

   チュは元大リーガーの投手で韓国球界のレジェンドであるパク・チャンホ氏(49)を引き合いにアンの実力を評価。「海外に出ればパク・チャンホ先輩の次にいい選手になれる才能がある選手だ」とし、代表から漏れたことにかんして「理解できない部分が多い。明らかに誤った行動をした。第三者として本当に残念だ」と疑問視した。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中