2024年 3月 1日 (金)

「増税ありきの岸田政権に失望」 立憲・泉代表が解散要求...防衛増税めぐり「国民の信を問え」

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   岸田文雄首相の施政方針演説など政府4演説に対する代表質問が2023年1月25日午後、衆院本会議で始まった。立憲民主党の泉健太代表がトップバッターに立ち、いわゆる「防衛増税」をめぐる問題で衆院の解散と総選挙を迫る場面もあった。

   代表就任直後に「政策立案型」を掲げた泉氏だが、22年夏の参院選の敗北を受けて「対決型」にシフトしたとみる向きもあった。今回の代表質問では、防衛増税を批判する一方で、「時代の変化に即した質の高い防衛力の整備を立憲民主党が現実的に訴えている」とも主張。立憲が掲げる政策を紹介して政策立案能力をアピールしながら、「必ずやこの政権交代を果たす」と決意表明した。

  • 衆院本会議で質問する立憲民主党の泉健太代表。防衛増税を批判して解散総選挙を要求した(写真は衆院インターネット中継から)
    衆院本会議で質問する立憲民主党の泉健太代表。防衛増税を批判して解散総選挙を要求した(写真は衆院インターネット中継から)
  • 衆院本会議で質問する立憲民主党の泉健太代表。防衛増税を批判して解散総選挙を要求した(写真は衆院インターネット中継から)

「国の防衛に責任を持つ政党」、政策を「国民の皆様にぜひご覧をいただきたい」

   泉氏は、防衛費増額のプロセスについて

「冷静で合理的な積み上げを描き、現場の負担を考慮することもなく、一気呵成に決めたことは大きな問題」

などと問題視。立憲が「国の防衛に責任を持つ政党」として、22年に外交安全保障戦略の方向性を発表したことを紹介し、「国民の皆様にぜひご覧をいただきたい」とアピールした。立憲に「現実的」な政策があるからこその批判だと主張した。

「時代の変化に即した質の高い防衛力の整備を立憲民主党が現実的に訴えていることをご理解いただけると思う。だからこそ、額ありき、増税ありきの岸田政権には失望している」

   続けて次のように述べ、防衛増税を争点に解散総選挙に踏み切るように求めた。

「防衛増税を行うならば、解散総選挙で国民の信を問え。総理、お答えください。国民の皆さん、野党6党も防衛増税に反対です。力を合わせて、防衛増税に反対をいたしましょう。そしてもし、総理がその方針を変えないなら、解散総選挙でその防衛増税反対の意思を示そうではありませんか」

   岸田氏は後の答弁で、

「何についてどのように国民の信を問うかについては、ときの内閣総理大臣の専権事項として適切に判断していく」

と述べるにとどめた。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中