2024年 2月 25日 (日)

井上尚弥の衝撃発言に「こいつは何を言ってるんだ」 元世界王者が驚いた「意外な一面」とは

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   プロボクシングの元世界2階級制覇の京口紘人(ワタナベ、29)が2023年1月24日にユーチューブチャンネルを更新し、元世界バンタム級4団体統一王者・井上尚弥(大橋、29)の秘話を披露した。

  • 井上尚弥選手(写真:山口フィニート裕朗/アフロ)
    井上尚弥選手(写真:山口フィニート裕朗/アフロ)
  • 井上尚弥選手(写真:山口フィニート裕朗/アフロ)

「話をしていて衝撃だったのがひとつあって」

   京口と井上は同学年でともにアマチュア経験を経てプロデビューしている。プロ入りは井上の方が4年早く、京口がプロデビューする前の14年6月に最初の世界タイトルを獲得している。両者は複数の階級を制覇しており、京口はミニマム級、ライトフライ級、井上はライトフライ級、スーパーフライ級、バンタム級を制している。

   井上と親交のある京口は、今年1月に行った新年会での「衝撃」エピソードを明かした。

   京口は「話をしていて衝撃だったのがひとつあって」と切り出し、井上とのやりとりを語り出した。

「(井上は)バンタム級で4団体統一したじゃないですか。ライトフライ級取ってスーパーフライ級取ってバンタムで3階級制覇して4団体統一王者になったじゃないですか。なのに『俺さ、バンタム4団体統一したけど自信持てないんだよね』って。どういうことってなるじゃないですか。『スーパーバンタム級で4団体統一できれば多分自信持てると思うんだよね』と。こいつは何を言ってるんだと」

   プロキャリア24戦のうち19戦が世界戦で、バンタム級においては主要4団体の世界王者をKO・TKOで破り王座を統一。海外の専門メディアが設定する階級を超えた最強ランキングのパウンド・フォー・パウンド(PFP)では常に上位にランクされている。世界的「モンスター」の「自信持てない」発言は、京口にとって大きな衝撃だったようだ。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中