2024年 4月 25日 (木)

12歳子役が「最低主演女優賞」ノミネート→「いじめ助長」と批判 米映画賞主催者が謝罪...「年齢制限」設定へ

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   一年の中で最低な映画作品や俳優を決める「ゴールデンラズベリー賞」(ラジー賞)に12歳の子役がノミネートされたことをめぐり、議論が巻き起こっている。

   ツイッター上では「少なくとも大人を対象とすべき」「いじめを助長する」などと、選出への批判が殺到した。大会主催者は謝罪し、子役をノミネートから除外。今後は18歳以下の俳優を賞の候補としない方針を示した。

  • 「最低映画賞」に12歳ノミネートで批判の声…主催者が謝罪し撤回(ラジー賞公式サイトより)
    「最低映画賞」に12歳ノミネートで批判の声…主催者が謝罪し撤回(ラジー賞公式サイトより)
  • ライアン・キエラ・アームストロングさん(写真:REX/アフロ)
    ライアン・キエラ・アームストロングさん(写真:REX/アフロ)
  • 「最低映画賞」に12歳ノミネートで批判の声…主催者が謝罪し撤回(ラジー賞公式サイトより)
  • ライアン・キエラ・アームストロングさん(写真:REX/アフロ)

11歳子役も批判「子供を選ぶのは間違っている」

   ラジー賞は1981年にコピーライターのジョン・J・B・ウィルソン氏が創設。一年の中で最高の映画を決める米アカデミー賞の前夜に行われることが特徴で、これまでにシルヴェスター・スタローンさん、ケビン・コスナーさん、ウィル・スミスさんなどの名俳優が受賞している。

   今年のノミネート作品・俳優は現地時間2023年1月23日に発表され、米俳優マリリン・モンローさんを題材にした映画「ブロンド」が「最低映画賞」など最多8部門でノミネートされた。次いで、ディズニーアニメを実写化したトム・ハンクスさん主演の「ピノキオ」が6部門でノミネートされている。

   そうした中、物議を醸しているのが、SFホラー映画「炎の少女チャーリー」で発火念力を持つ少女を演じたライアン・キエラ・アームストロングさんが最低主演女優賞にノミネートされたことだ。アームストロングさんは現在12歳の子役で、映画撮影時は11歳だった。

   ツイッターでは「ただただひどい」「少なくとも大人を対象にすべきではないか」「芸術に挑戦し、リスクを冒した子供たちを全国的に侮辱することは明らかに悪い考え」などと英語で批判が殺到。また、マーベルのドラマ作品「ワンダヴィジョン」などに出演している11歳の子役・ジュリアン・ヒリアードさんは24日、ツイッターで「子供を選ぶのは間違っている」「なぜ子供のいじめを助長する危険に晒すのか」などと、選出に疑問を呈した。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中