2024年 2月 23日 (金)

JR西「大阪発サイコロきっぷ」前倒しで受付終了 大好評につき「希望に沿えない可能性を考慮」

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   JR西日本は2023年1月27日、サイコロで旅の行き先を決める「サイコロきっぷ」の第3弾「大阪発サイコロきっぷ」のエントリー受付終了日を2月5日から1月27日23時30分に前倒しすることを発表した。

  • JR西日本公式サイトより
    JR西日本公式サイトより
  • JR西日本公式サイトより
    JR西日本公式サイトより
  • JR西日本公式サイトより
  • JR西日本公式サイトより

「ご購入・ご利用いただいたことに感謝申し上げます」

   いわゆる「Z世代」など若年層の利用者に向けて西日本エリアの魅力発信に取り組むJR西は、サイコロの出目でランダムに行き先が決まる「サイコロきっぷ」を販売。第3弾「大阪発サイコロきっぷ」では、加賀温泉(石川県加賀市)や出雲市(島根県出雲市)を含めた計4駅が行き先になっていた。1人当たり1回5000円で、往復運賃・料金と行き先ごとの特典がセットになっている。

   「大阪発サイコロきっぷ」のエントリー期間は23年1月10日~2月5日だったが、JR西は1月27日、「大変なご好評をいただいており、今後もエントリーの受付を継続した場合、お客様のご希望に必ずしも沿えない状況となる可能性を考慮」したとして、1月27日23時30分をもってエントリーの受付を終了すると発表した。

   同社は「大変多くのお客様にご注目いただき、ご購入・ご利用いただいたことに感謝申し上げます」としている。

   SNS上では、サイコロきっぷ利用期間中の特急「やくも」普通車指定席の空席状況に対して、「混み過ぎでしょ」「特急やくもの指定席が全滅」などの声が上がっていた。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中