2024年 5月 28日 (火)

根尾昂は中日の救世主になれるか 先発転向で役割大きく...課題は変化球「勝負球になる球種欲しい」

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   最下位からの巻き返しを狙う中日。投手に転向して初の春季キャンプを迎える根尾昂は2軍スタートとなったが、2023年の今季カギを握る存在であることは間違いない。

  • 根尾昂(写真:西村尚己/アフロスポーツ)
    根尾昂(写真:西村尚己/アフロスポーツ)
  • 根尾昂(写真:西村尚己/アフロスポーツ)

「本人もその必要性は感じていると思います」

   中日を取材するスポーツ紙記者は、「涌井秀章を楽天からトレードで獲得し、大野雄大、柳裕也、高橋宏斗、小笠原慎之介、松葉貴大と先発の頭数がそろっているが、シーズンに入ったら何枚いても困らない。成長途中の高橋宏は登板間隔を空ける可能性がありますし、この6人と遜色ない力を持つ投手が食い込んできてほしい。根尾は有力候補の1人です。150キロを超える威力十分の直球は1軍の主力クラスにも十分に通用する。課題は変化球ですね。スライダーの精度を上げる必要があるし、長いイニングを投げるためにはもう1つ勝負球になる球種が欲しい。本人もその必要性は感じていると思います」と期待を込める。

   大阪桐蔭高では投打の二刀流で活躍。2年春、3年春の決勝では胴上げ投手になるなど世代を代表する選手だった。ドラフト1位で入団し、遊撃で勝負することを決断したが、攻守で試行錯誤を繰り返して伸び悩む。立浪和義監督が就任した昨季は外野手に転向したが、打撃で結果を残せず、投手として大きな可能性を感じさせるパフォーマンスを見せたことから、シーズン途中に異例の投手転向となった。

   投手として高校時代から3年のブランクがあるにもかかわらず、その投げっぷりは見事だった。22年7月1日の阪神戦(バンテリンドーム)で1点リードの5回2死一、二塁のピンチに救援登板すると、巧打者の近本光司を内角高めの直球で詰まらせて三ゴロに仕留め、プロ初ホールドを挙げた。疲労の影響と、根尾の投球に打者の目が慣れたこともあっただろう。夏場は痛打を浴びる場面が目立ったが、25試合登板で防御率3.41は十分に合格点をつけられる。昨季最終登板となった10月2日の広島戦(マツダ)では、自身初の先発登板で3回1安打無失点。3三振を奪い、今年に向けて大きな希望を抱かせた。

   守り勝つ野球を掲げる中日は、先発投手の役割が大きな比重を占める。根尾は立浪竜の救世主になれるか。(中町顕吾)

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中