2024年 2月 23日 (金)

ガーシー議員「何にでも噛みついてくるアホ」 招状発出で「一発除名すべき」主張にブチギレ反論

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   NHK党の「ガーシー」こと東谷義和参議院議員が2023年1月30日、参院議長から国会出席を求める招状が発出されたことにインスタグラムで猛反発している。

  • ガーシー議員のインスタグラム(gaasyy_ch)より
    ガーシー議員のインスタグラム(gaasyy_ch)より
  • ガーシー議員のインスタグラム(gaasyy_ch)より
    ガーシー議員のインスタグラム(gaasyy_ch)より
  • ガーシー議員のインスタグラム(gaasyy_ch)より
  • ガーシー議員のインスタグラム(gaasyy_ch)より

「悪名は無名に勝る なにも刻まずやめてく議員よりは100倍ましかー」

   東谷氏は2022年7月10日投開票の第26回参議院選挙で、NHK党から比例代表で出馬し初当選した。各社報道によると東谷氏は現在、アラブ首長国連邦(UAE)のドバイに滞在しており、国会を欠席している。

   国会の欠席が続く東谷氏に対し、尾辻参院議長が30日午後、国会への出席を求める招状を発行した。国会議員に対して招状が発行されるのは1949年以来74年ぶり、史上2例目とされる。

   議員の国会出席にまつわる懲罰を定めた国会法第15章「懲罰」第124条では、「招状を受け取つた日から七日以内に、なお、故なく出席しない者は、議長が、これを懲罰委員会に付する」としている。 東谷氏は招状の発行を受け、インスタグラムを更新。「参議院議員 ガーシー殿」と書かれた招状の画像を添付し、「74年ぶりって、オレはハレー彗星か!w」と冗談めかして反応した。

   招状には、「第211回国会(常会)の招集に正当な理由なく応じないと認めるので、国会法第124条の規定により出席を求めます」と書かれている。

   東谷氏は「不登校な子供に寄り添わず、形だけ出てこいアピールする能力なしの先生らとかわらんなー笑笑 また新しい歴史刻んだねー 悪名は無名に勝る なにも刻まずやめてく議員よりは100倍ましかー」とし、「居眠りしてるやつにも、もちろんこれから懲罰してや? 他のきてない議員もやで? 特別扱いは勘弁してやーw」と皮肉った。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中