2024年 4月 21日 (日)

「子どもが転落」危険性指摘のバナナ滑り台、製造元が謝罪 安全性強調も...事故防止へ対策強化

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   子どもが転落・落下する事故が起きているとして、安全性をめぐる議論が起きていた子ども向け遊具「バナナスライダー」をめぐり、製造元のコトブキ(東京都港区)が2023年2月2日、事故防止の対策を進めることを発表した。

  • バナナスライダー(プレスリリースより)
    バナナスライダー(プレスリリースより)
  • バナナスライダー(プレスリリースより)

「設置者・利用者の皆様に対して不安を与えてしまった事に関して深くお詫び」

   全国各地の公園などに設置されているバナナスライダーは、滑走面の途中から3方向にコースが分かれるすべり台だ。

   スライダーをめぐっては、コースの分岐部分でバランスを崩した子どもが遊具から転落・落下するケースがあると報じられ、安全性をめぐる議論が起こっていた。

   遊具の対象年齢は6歳~12歳となっているが、報道によれば、対象年齢を周知するためのシールが破れていたり、目立たない場所に貼られていたりすることも少なくないという。

   SNSで拡散された報告では、事故に遭った子どもの保護者が対象年齢を知らなかったというケースもある。

   こうした事態を受け、製造元のコトブキは2日、「『バナナスライダー』の安全性について」とする声明を発表。次のように謝罪した。

「当社が2013年より製造並びに販売しておりますバナナスライダーについて、その安全性に関する見解や対処指針を迅速にご案内できず、各種メディアの報道等にもあるように、設置者・利用者の皆様に対して不安を与えてしまった事に関して深くお詫び申し上げます」
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中