1700万整形モデルが「後悔した整形」4つ告白 「120万円損した」「本当に無駄だった」

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   ファッション雑誌「小悪魔ageha」元モデルで実業家の黒崎みささんが2023年1月31日、YouTubeチャンネルを更新し「やらなくてよかった整形」を告白した。

   黒崎さんはこれまで整形に1700万円かけたことを公言している。

  • 黒崎みささんのインスタグラム(misa_k88)より
    黒崎みささんのインスタグラム(misa_k88)より
  • 黒崎みささんのツイッター(@misa_k666)より
    黒崎みささんのツイッター(@misa_k666)より
  • 黒崎みささんのインスタグラム(misa_k88)より
  • 黒崎みささんのツイッター(@misa_k666)より

「抜くか、入れ続ける程稼ぐ人間になるのか、の2択を迫られる」

   黒崎さんは31日「【後悔】やらなくてよかった整形について」というタイトルで動画を公開。整形について「使わなくてよかったお金もあったと思います」と振り返った。後悔している整形手術は、プロテーゼ、入れる場所を間違えたヒアルロン酸、埋没、顔の脂肪吸引の4つだ。

   プロテーゼは「人によるのかもしれないんですけど」と前置きしながら「半永久的みたいに書いてはいるんですけど、入れ替え続けないといけないんですよ。入れ替え続けないと、自身の組織と癒着したり、劣化するものなので、入れたからずっと入れっぱなしにはならない」と説明。「抜くか、入れ続ける程稼ぐ人間になるのか、の2択を迫られる」といい、黒崎さんは「プロテーゼを入れ続けられるほどのお金を将来稼げるかどうかわからない」と思ったことから抜いたと語った。「自家組織、自分の組織や軟骨を使って鼻を高くすることをお勧めします」としたほか、プロテーゼを2回入れて「120万円ぐらい損した」とも明かした。

   「入れる場所を間違えたヒアルロン酸」については、涙袋やほうれい線、額へのヒアルロン酸注入は「ありだと思う」が、「あご先や鼻のヒアルロン酸はお金の無駄になったかなと思います」とキッパリ。「鼻やあごにヒアルロン酸を入れて尖らせたり高くする子って、結果プロテーゼを入れたりとか骨を削ったりとか、何かしら次のステップの整形をしていることが多いから」だという。自身も3~4年間、鼻にヒアルロン酸を入れ続けていたが、「結局プロテーゼを入れることになったから(ヒアルロン酸を)溶かした」として「本当に無駄だった」と語っている。

姉妹サイト