2024年 3月 3日 (日)

寿司ペロ騒動に「一定の損失補償させるべき」 尾木直樹氏、「ゲンコツで許してやれ」主張に異論

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   「尾木ママ」こと教育評論家の尾木直樹さん(76)が2023年2月5日、昨今相次いでいる回転寿司店での不衛生行為についてブログで持論を展開した。

   これらの迷惑行為については、ネット上で「バカッター」とも呼ばれている。

  • 尾木直樹さん(似顔絵)
    尾木直樹さん(似顔絵)
  • TikTok投稿動画から
    TikTok投稿動画から
  • 尾木直樹さん(似顔絵)
  • TikTok投稿動画から

「一定の損失補填はさせるべきだと思います」

   尾木さんは「『バカッター』への対応は厳しく!!」と題した5日のブログで、「回転寿司店での悪ふざけ動画が炎上」と一連の騒動に言及した。

   ブログでは、そうした迷惑行為をした当人への対応をめぐって、

「・3発ぐらい叩いて、許してやれ とか ・謝罪を受け入れず刑事・民事共に厳格に対応せよ などと対立している」

と指摘。そのうえで、「尾木ママは株価下落損失相当の100億以上の損害賠償は無謀としても 一定の損失補填はさせるべきだと思います」と、一定の制裁を科すべきとの考えを示した。

   翌6日も尾木さんはブログで騒動に言及。「バカッターの迷惑系動画への苛立ちからか 最近 体罰願望が強くなり、少年法による保護に対する疑念も湧いているようにも思えます」と、世論の一部に体罰容認の空気があるとしつつ、「体罰は痛みを感じるだけで,合理的理解が為されない為に『繰り返す』特性がありますよ」と、体罰には何ら効果はないとして反対している。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中