説明ウザい?辞書スタンプ話題に SNSで反響広がり販売急増...発売の三省堂「非常に驚いている」

   国語辞典などで知られる出版社・三省堂(東京都千代田区)が発売したLINEスタンプがSNSで注目を集めている。「了解」「ありがとう」「凡人」など様々な言葉に、辞書風の説明を添えたものだ。

   J-CASTニュースの取材に対し、三省堂は2023年2月6日、SNS利用者に辞書の面白さを再認識してもらうために企画したと述べる。

  • 「三省堂辞書スタンプ」がSNSで話題に
    「三省堂辞書スタンプ」がSNSで話題に
  • 三省堂辞書スタンプ(LINE STOREより)
    三省堂辞書スタンプ(LINE STOREより)
  • 「三省堂辞書スタンプ」がSNSで話題に
  • 三省堂辞書スタンプ(LINE STOREより)

「ウザい説明が受けているようですね」編集委員もダウンロード

   三省堂は1日、「三省堂辞書スタンプ」を発売した。スタンプは、アプリのトーク画面を模したデザインで、同社の国語辞典「新明解国語辞典第八版」もしくは「三省堂国語辞典第八版」のアイコンが、メッセージで各単語の豆知識や説明を披露する。

   例えば「了解」という単語のスタンプは、三省堂国語辞典が次のように説明する。

「了解[りょうかい]《名・他サ》
[豆知識]目上に失礼な語という人がいるが、以前から『了解しました』など、丁寧表現として使われる」

   利用すると、トーク画面にいきなり辞書が現れ、単語を解説するような演出になる。

   このスタンプを5日、あるツイッターユーザーが「このスタンプ控えめにいって良すぎ」と紹介した。ニュアンスを正確に伝えたいときに役立つのではないかなどと話題になり、この投稿は6日19時までに、8000件のリツイート、2万9000件を超える「いいね」が寄せられている。

   こうした反響を受けて6日、三省堂国語辞典の編集委員として知られる日本語学者の飯間浩明氏も「ウザい説明が受けているようですね。私もダウンロードしました」とツイートした。

姉妹サイト