2024年 2月 25日 (日)

ルフィ強盗事件逮捕の容疑者「死刑」はあり得る? 元東京地検検事の弁護士が語る「捜査の難しさ」

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   関東などで相次いだ連続強盗事件で、指示役の「ルフィ」だともされる今村磨人容疑者(38)と藤田聖也容疑者(38)が、フィリピンから移送される航空機内で警視庁に逮捕され、今後の展開に注目が集まっている。

   強盗殺人に関わった疑いもあるとされ、量刑が重いだけに、今村容疑者は「死刑になるのが怖い」と漏らしたとの報道もあった。死刑になりうるのかなどについて、弁護士に取材した。

  • 警視庁は強盗事件を解明できるか
    警視庁は強盗事件を解明できるか
  • 警視庁は強盗事件を解明できるか

「日本に帰って死刑になるのが怖い」と漏らしたとの報道も

   「速報 ルフィ逮捕」。2人が航空機内で逮捕されたと分かると、こんなテロップを流すテレビ番組もあった。

   各メディアの報道によると、2人とも、黒い防弾チョッキに半ズボン姿で、航空機のタラップを上って機内に入った。座席では、捜査員に囲まれながらも熟睡し、乗降するときは、今村容疑者は目元に笑みをたたえ、藤田容疑者は鋭くにらむ様子だったという。

   2人は19年4、11月、金融庁職員などを名乗って、東京都内の男女宅を訪れて用意させたキャッシュカードを盗むなどした特殊詐欺事件で、グループ幹部として関わった窃盗の疑いが持たれている。グループによる被害は、全国で60億円以上に上るとされている。

   注目を集めているのが、22年から日本全国で相次いだ強盗事件への関与だ。

   東京都狛江市内で23年1月19日、住民の女性(90)が殺害され、腕時計などが奪われた事件など少なくとも5件に関わった疑いが浮上している。秘匿性の高い通信アプリ「テレグラム」を使い、ルフィやキムなどを名乗って、実行犯に指示を出していたのではないかというものだ。

   強盗事件への関与が疑われている渡辺優樹容疑者(38)と小島智信容疑者(45)も、8日に日本へ移送される見通しが報じられている。フィリピン側は、収容所内で押収した4人の携帯電話24台を日本に引き渡すとされており、今後警視庁が全容解明を目指すとみられている。

   北海道新聞の7日付ウェブ版記事によると、今村容疑者は、移送時の穏やかそうな様子とは違い、「日本に帰って死刑になるのが怖い。震えて眠れない」とフィリピンの入管施設内から知人に電話してきたという。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中