2024年 5月 20日 (月)

「子連れ客お断り」カフェの決断に反響 きっかけは迷惑客...話題ツイートに見る「飲食店の葛藤」

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   回転寿司チェーンなどの飲食店での迷惑行為をめぐる問題が、連日のように取り沙汰されています。Twitterではこれまでも、利用客のマナーや飲食店経営者の心情などについて議論が交わされてきました。

   ツイートまとめサービスのTogetter(トゥギャッター)が解説する「3分くらいでわかる週刊Twitterトレンド【J-CAST出張版】」、今回は利用客の迷惑行為に悩む飲食店と、客のマナーにまつわる話題を掘り下げます。

  • 反響を呼んだカフェの決断(画像はイメージ)
    反響を呼んだカフェの決断(画像はイメージ)
  • なめた指で寿司を触る男性(投稿された動画から)
    なめた指で寿司を触る男性(投稿された動画から)
  • 反響を呼んだカフェの決断(画像はイメージ)
  • なめた指で寿司を触る男性(投稿された動画から)

「食べない方の入店お断り」ラーメン店の決断

   茨城県水戸市のとあるラーメン店では、ラーメンを400円で提供しています。日頃から客の要望があれば麺を少なめにしたり、子どもの取り分け用の器を出したりといった対応もしていました。

   ところが、ある利用客の行為をきっかけに「今後食べない方の入店お断り」という宣言と、その理由をTwitterに投稿しました。

   宣言のきっかけとなったのは2人組の客の行動でした。客の1人は「食べない」と言って注文しませんでしたが、実際はもう1人が注文したラーメン1杯を2人で分けて食べていたのです。店が「安価で提供している以上商売にならない」と事情を説明すると、多くのTwitterユーザーが発言を支持しました。

あるラーメン店『今後食べない方の入店お断り』の宣言を支持する客側の声「ほんとに理解できるし正しい対応」「お店もルールを作りたくない」 - Togetter

   投稿を見た飲食店関係者のツイートによると、飲食しないのに水を飲んだりティッシュを使ったりといった客は珍しくなく、店によっては「1人1オーダー」というルールを明確にしたところもあるそうです。

   このラーメン店が「こういったルールはお客様がお店に作らせている」とツイートしている通り、飲食店がルールを設けるきっかけは、利用客の態度にもあることがわかる事例となりました。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中