2023年 3月 22日 (水)

泉大津市「ワクチン打たなきゃよかった」チラシ作成? ネット物議も虚偽だった...市担当課は困惑

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   大阪府泉大津市が作成したとする、新型コロナワクチンに関するチラシが物議を醸している。

   ワクチンの副反応を強調してワクチン忌避を促すような内容だが、市は2023年2月14日、J-CASTニュースの取材に困惑気味に否定した。

  • 泉大津市ウェブサイトより
    泉大津市ウェブサイトより
  • 拡散したチラシ
    拡散したチラシ
  • 泉大津市ウェブサイトより
  • 拡散したチラシ

「なぜそのようなものが出回っているのか...」

   「あなたの体調不良ワクチン後遺症かも?」――。こんな大見出しのチラシには、「記憶障害」「抑うつ」「嗅覚障害」など、ワクチン接種によるとするさまざまなリスクが列挙されている。

   男性のイラストとともに「ワクチン打たなきゃよかった」と体験談のような文言も載っていた。チラシ中央には泉大津市市役所健康づくり課の名があり、相談窓口として電話番号が案内されている。

   このチラシが2月13日ごろからツイッターで拡散している。いわゆる「反ワクチン」的な言説を繰り返すアカウントが「全ての市町村でやるべき」「さすが南出市長の泉大津市」と称賛とともに広めている一方、市の姿勢を問題視する反応が多い。

   泉大津市健康づくり課は14日、J-CASTニュースの取材に「なぜそのようなものが出回っているのか...」と関与を否定した。

   昨日、問い合わせがあり事態を把握したという。チラシは身に覚えがなく、寝耳に水だった。今後の対応については「様子をうかがっている状況で、未定です」と話した。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中