2024年 5月 27日 (月)

「なんやこの無能編集者」→「すげぇ!有能」 舞いあがれ!リュー北條の敏腕ぶりに視聴者驚き

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   2023年2月14日放送のNHK朝の連続テレビ小説「舞いあがれ!」で描かれた、ヒロインの幼馴染・梅津貴司(赤楚衛二)に対する編集者のリュー北條(川島潤哉さん)の鋭い意見に感嘆する声があがっている。

  • NHK連続テレビ小説「舞いあがれ!」公式サイトより
    NHK連続テレビ小説「舞いあがれ!」公式サイトより
  • NHK連続テレビ小説「舞いあがれ!」公式サイトより

「自分だけの狭い世界で満足してる」

   短歌界の芥川賞とも呼ばれる「長山短歌賞」を受賞した貴司。初めての歌集を出版するため、編集者のリュー北條から今まで詠んだことがないような短歌を10首用意してほしいとの指示を受ける。

   苦戦しながらも用意した貴司だが、リュー北條は「だめだね」「これまでの歌と変わってない、あまりにも地味」とバッサリ。それを聞いていた貴司のファン・史子(八木莉可子さん)は、「失礼ながら、読み取る力がおありにならないのでは? 私には伝わりました」と声を荒げるが、リュー北條は「じゃあ2人だけで通じ合っていればいい」と取り付く島もない。

   そして、リュー北條は、貴司が本当の気持ちを詠んでいないことを指摘した上で、「梅津さんは伝えることを諦めてる気がするんだよね」「自分だけの狭い世界で満足してる」と主張。貴司にとって耳の痛い言葉が並ぶ。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中