2024年 5月 22日 (水)

DeNA25年ぶり優勝に必要なものとは 元巨人コーチが分析、戦力充実もヤクルトとの「相違」

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   プロ野球DeNAが25年ぶりのリーグ優勝に向けて沖縄県宜野湾市でキャンプを行っている。昨季は首位ヤクルトに8ゲーム差をつけられながらもリーグ2位となり、21年の最下位から大きく飛躍した。

   就任3年目の三浦大輔監督(49)は今季セ・リーグを制することができるのか。J-CASTニュース編集部は、楽天の元ヘッドコーチで巨人、西武、ヤクルトでコーチを歴任した橋上秀樹氏(57)に戦力を分析してもらった。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ
  • 画像はイメージ

「今季も投打ともに戦力が充実している」

   橋上氏は「昨シーズンは序盤、エンジンのかかりが悪かった。終盤の勢いがあればもう少しヤクルトに接近したと思う。今季も投打ともに戦力が充実しており、戦力が拮抗しているセ・リーグの中でも上位に入る」と分析した。

   投手に関しては先発、リリーフ陣ともに「ある程度戦力が整っている」と評価し、注目の投手としてプロ4年目の左腕・坂本裕哉(25)の名を挙げた。坂本は19年ドラフト会議でDeNAから2位で指名され入団。ルーキーイヤーの20年は10試合に登板して4勝1敗。翌21年は4勝6敗、昨季は15試合に登板し未勝利に終わった。

「入団した当初から非常に評価していました。投球自体は良いが、ツメが甘かったり打線の援護に恵まれなかった試合が結構あった。今年は紅白戦でいきなり投げている。首脳陣としても今年はしっかり出てきてほしいという期待があるので早めに実戦投入したと思います。投球フォームのバランスは悪くない。そろそろ出てきてほしい投手です」

   左の先発候補を多く揃えるDeNA。坂本の飛躍と共に昨季1勝に終わった東克樹投手(27)が復活すれば投手陣にさらなる厚みが出る。

   野手に関しては22年ドラフト会議でDeNAから1位指名を受けた松尾汐恩捕手(18)に注目しているという。松尾は沖縄キャンプに参加しており、12日に行われたヤクルトとの練習試合に出場し対外試合デビューを飾った。

「嶺井捕手が抜けて完全なレギュラーがいない状態です。もしかしたら早い段階で1軍のマスクを被る可能性もあると思います。今後のオープン戦次第では抜擢する可能性は十分にある。実戦の映像を見る限り肩が良くスローイングも良い。一通りの身のこなしは問題ないと思う。あとはチームのピッチャーの球を全部取り切れていないでしょうから、開幕までにどれだけ情報を入れられるか。非常に落ち着いているように感じる。将来性などを考えると今季使ってみたい選手です」
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中