2024年 5月 30日 (木)

問題児ネリ、井上尚弥を「倒せる」と挑発 対戦したらどうなる?識者が指摘する「弱点」

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   プロボクシング元世界2階級制覇のルイス・ネリ(メキシコ、28)が2023年2月18日(日本時間19日)にWBC世界スーパーバンタム級挑戦者決定戦に出場する。同級2位アザト・ホバニシアン(アルメニア、34)と対戦する。

   勝者は指名挑戦者としてWBC・WBO世界スーパーバンタム級王者スティーブン・フルトン(米国、28)への挑戦権を得る。

  • 井上尚弥選手(写真:山口フィニート裕朗/アフロ)
    井上尚弥選手(写真:山口フィニート裕朗/アフロ)
  • 井上尚弥選手(写真:山口フィニート裕朗/アフロ)

「井上と戦う準備はできている」

   フルトンは次戦で元世界バンタム級4団体統一王者・井上尚弥(大橋、29)と対戦する可能性が高く、米スポーツ専門局「ESPN」(WEB版)は井上、フルトン両陣営が対戦に合意し5月の日本開催を目指していると報じた。対戦が実現し井上が王座を獲得すれば、ネリも対戦候補のひとりに挙がる。

   ネリは決戦を前に米ボクシング専門誌「ザ・リング」(WEB版)の取材に応じ、挑戦者決定戦勝利を前提として井上戦を猛アピールした。

   「私はいつも井上と戦いたいと言ってきた。彼は誰もが考える怪物ではない。彼を倒すことができる」と挑発し、「戦う準備はできている。日本でもアメリカでもどこであれその戦いが起こると確信している」と語った。

   井上とネリの対戦は実現するのか。ネリは井上に勝てるのか。J-CASTニュース編集部は、プロボクシングTMKジムの金平桂一郎会長(57)に分析してもらった。

「私はネリ選手の過去の言動などからあまり評価はしていません。ただ今回の挑戦者決定戦で勝利し、井上選手がフルトン選手と対戦してWBCの王座を獲得した場合、ネリ選手は指名挑戦権を持っているわけですから井上選手との対戦を要求するのは説得力があります。筋が通っていると思います」
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中