2024年 5月 31日 (金)

豪華声優ずらり起用...シャープ「選べる家電ボイス」話題 人気の背景は?同社に聞いた導入経緯

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   大手電機メーカー・シャープ(大阪府堺市)が展開する、家電の音声を声優やキャラクターなどのボイスにカスタマイズできるサービス「COCORO VOICE」が、SNS上で大きな話題になっている。

   もともと、インターネットと接続して音声を出すことができる「しゃべる家電」を強みとするシャープだが、音声カスタマイズサービスに力を入れた始めた狙いは一体何なのか。J-CASTニュースが詳しい話を聞いた。

  • COCORO VOICE(公式サイトより)
    COCORO VOICE(公式サイトより)
  • COCORO VOICEが提供するヘルシオの音声一覧(公式サイトより/編集部加工)
    COCORO VOICEが提供するヘルシオの音声一覧(公式サイトより/編集部加工)
  • COCORO VOICE(公式サイトより)
  • COCORO VOICEが提供するヘルシオの音声一覧(公式サイトより/編集部加工)

「暮らしの中に『スキ』を増やしたいというニーズは増えてきている」

   COCORO VOICEは、オーブンレンジ「ヘルシオ」や電気調理鍋「ホットクック」などシャープ製の家電24機種を対象にした音声カスタマイズサービスだ。

   アニメ『ゆるキャン△』に登場するキャラクターや、声優の江口拓也さんや緒方恵美さんなどのボイスをカスタマイズでき、英語や方言なども展開している。キャラによってセリフの内容も変わる。基本的には単品税込3300円で販売されている。

   好みにあった音声を選んで家電に設定できる――。公式サイトでは、AI(人工知能)とIoT(モノのインターネット)を組み合わせた「AIoT」の製品(前述のヘルシオなど)は、挨拶やおすすめ、労いなどを音声で話し、暮らしに寄り添うと書かれている。

   サービスの1周年を記念したキャンペーンも反響を呼んだ。声優やアニメ&ゲームキャラ、俳優などのジャンルで、ユーザーがカスタマイズしてほしいボイスを投票する企画「あなたが選ぶ 欲しい家電ボイスランキング」だ。

   2月8日に結果が発表され、声優の津田健次郎さんやアイドルグループ「SnowMan」の佐久間大介さん、プロフィギュアスケーターの羽生結弦さんなどが選ばれた。ファンからは「○○の家電が欲しいです」といった要望が出たほか、「商品化されたら、絶対、購入します」との声も寄せられるなど、大きな話題になった。

   なぜ今回のキャンペーンには大きな反響があったのか。シャープは2月10日、取材に対して次のように答えた。

「本当に多岐にわたるファンダム(編注:熱狂的なファン文化)が形成されている事を改めて実感しております。一人一人の好みが多様になる中、一方で暮らしの中に『スキ』を増やしたいというニーズは増えてきていると考えております。その中で、普段の暮らしに深く関わる『家電』にも自分好みにカスタマイズすることで、QOLを上げられる、とイメージを持っていただけたのだと考えております」
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中