2024年 5月 25日 (土)

マックの「PUFFY風」CMはなぜ叩かれたのか 元ネタへの愛不足?過去事例に見た不評のワケ

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   原作のある作品のメディアミックス、過去に流行ったもののオマージュなど、世の中にはあらゆる形で「元ネタ」のあるコンテンツが生まれています。

   Twitterでは、元ネタありきの新コンテンツが注目されると、「元ネタへの愛・リスペクトをどれだけ感じられるか」という点について議論になりがちです。

   ツイートまとめサービスのTogetter(トゥギャッター)が解説する「3分くらいでわかる週刊Twitterトレンド【J-CAST出張版】」、今回は「元ネタへの愛・リスペクト」にまつわる話題を掘り下げます。

  • マクドナルド(写真:森田直樹/アフロ)
    マクドナルド(写真:森田直樹/アフロ)
  • マクドナルド(写真:森田直樹/アフロ)

「PUFFY」のオマージュっぽいことは分かるけど

   まずはオマージュに関する話題から。

   2023年の2月に、日本マクドナルドが公開した新CMについて、ボーカルデュオ「PUFFY」のファンによるツイートが盛り上がりました。

   CMは「アジアのジューシー」と題して、タレントの飯豊まりえさんと西野七瀬さんがPUFFYの代表曲『アジアの純真』の替え歌とともに新商品を紹介するという内容。

   日本マクドナルドのプレスリリースには「PUFFY」への言及はありませんが、替え歌の選曲はもとより、女性タレント2人によるデュオがTシャツにジーンズというラフな姿で歌う姿についても、PUFFYのオマージュだと解釈した人が多いようです。

   そんな中、TwitterではPUFFYのファンからのCMに対する疑問の声が少なからずあがりました。

   CMは「PUFFY風」の演出がなされているものの、PUFFYの「ラフそうに見えてファッションやヘアメイクに徹底的にこだわっている」という強烈な個性と、そのスタイルが高い人気を博した文化的背景について深く理解した上で作られたオマージュとは思えない、という意見です。

マクドナルド「アジアのジューシー」のCMからはじまるPUFFYのファッションや90年代カルチャーの話 -Togetter

   疑問の声に対して「パロディやオマージュは、元ネタへの理解や愛がどのくらいあるのか、好きだった人が見るとわかってしまう」「改めてパロディやオマージュの難しさを思う」といった反応も見られました。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中