2024年 4月 25日 (木)

ZIPAIR、サンフランシスコ就航に見た「勝機」 日米路線で「価格破壊」進行中

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   日本航空(JAL)傘下の中長距離格安航空(LCC)、ZIPAIR(ジップエア)は2023年2月21日に開いた記者会見で、23年夏にサンフランシスコとマニラに新規就航する方針を明らかにした。ZIPAIRにとっては7、8路線目。

   現時点で日本と米本土の直行便を飛ばしているLCCはZIPAIRのみで、ロサンゼルス、サンノゼに続く3路線目だ。乗り継ぎ需要を含めて「東南アジア-日本-北米」を軸に成長を目指すことが基本方針で、今回の新路線もその一環。西田真吾社長は「他のエアラインもひしめき合う非常に競争の厳しい路線だが、価格と品質のバランスが取れている我々の乗り入れを待っていただいているお客様がいる」。日本と米西海岸を結ぶ路線の価格競争が激化しそうだ。

  • ZIPAIRは2022年12月、サンフランシスコに近いサンノゼに就航したばかりだ(2022年12月撮影)
    ZIPAIRは2022年12月、サンフランシスコに近いサンノゼに就航したばかりだ(2022年12月撮影)
  • ZIPAIRは2022年12月、サンフランシスコに近いサンノゼに就航したばかりだ(2022年12月撮影)

サンノゼ線は「期待が非常に高く、需要も非常に多くいただいた」

   ZIPAIRは、元々親会社のJALで飛んでいた中型機、ボーイング787-8型機4機を改修して使用している。23年夏にかけて3機を追加導入する予定で、3機のうち2機が新造機だ。

   増やした飛行機で既存路線を増便するほか、新規路線の開設にも振り向ける。具体的には、23年度第1四半期(4~6月)にサンフランシスコ便、第2四半期(7~9月)にマニラ線が就航する。具体的なスケジュールは3月末~4月上旬に発表する、としている。

   サンノゼ線は22年12月に開設されたばかり。サンノゼはシリコンバレーの中心都市で、サンフランシスコにも近い。西田氏によると、サンノゼ線では「我々への期待が非常に高く、需要も非常に多くいただいた」ため、サンノゼ線を増便するという考え方もあったが、「好きな方を選べる、あるいは回遊できるということもあるのではないかと期待をしている」と話した。想定している乗客の層は、価格とサービスのバランスを重視する人が多いとして「若い方が多いのでは」。「お子様がいらっしゃるファミリー層」の搭乗も期待している、とした。

   若者をターゲットにしているのはマニラ線も同様だ。かつては英語圏の留学といえば英国や米国、オーストラリアやニュージーランドが定番だったが、最近ではフィリピンを選ぶ人も多いとして、「そういった方々のお手伝いができるのでは」と話した。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中