2024年 4月 15日 (月)

「ご飯とか食べて」「カツ丼になります」は変な日本語? タモリのダメ出しで注目...国語辞典編纂者が解説

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   タレントのタモリさん(77)が2023年2月18日に放送された「タモリのオールナイトニッポン」(ニッポン放送)に出演した際、巷の言葉遣いにダメ出しした。

   この日の放送でタモリさんはゲストに歌手で俳優の星野源さん(42)を招いてトークを展開。その中で、言葉の変遷について思いを語る場面があった。

  • タモリさん(2015年撮影)
    タモリさん(2015年撮影)
  • タモリさん(2015年撮影)

「『ご飯とか食べる』って、他に何を食べてるの?」

   番組中、タモリさんは「言葉も変わっていくから」としつつも、表現によっては癪に障るものもあると明かす。その例として、「ご飯とか食べて」といった「とか」を使った表現に言及。「『ご飯とか食べる』って、他に何を食べてるの?」と、用法がおかしいとの考えを示した。

   さらに、飲食店で多い用法として「○○になります」というものが多いと指摘しながらカツ丼を例に説明を続ける。タモリさんは「『カツ丼になります』って言うんだったら」としつつ、それならばカツ丼の材料を提示すべきだと、これらの表現への違和感を語った。

   この話は星野さんの大笑いを誘ったほか、ツイッターには「同意。わざわざ言葉をつけ足して何してんの?って気がする」「私も『これからかつ丼になるんかい?』って心の中で思ったことがあります。『~でございます』でよい気がする」といった、タモリさんへの賛同の声が上がった。「言いたいことはわかるけど...んじゃ、『カツ丼でございます』って言えばいいの?」と困惑するような声も一部ある。

   J-CASTニュース編集部は21日、これらの言い回しについて、「三省堂国語辞典」編纂(へんさん)者の飯間浩明氏に解説を求めた。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中