2024年 2月 23日 (金)

源氏物語「大河ドラマ&刀ステ」W効果でブームの兆し? 企画展が盛況、ハンドブックも完売・増刷

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   『源氏物語』をテーマにした国学院大学博物館(東京都渋谷区)の企画展に、連日多くの人が詰めかけている。

   販売するハンドブックも「すごい売れ行き」で増刷となり、関係者も驚く盛況ぶりだ。

  • 國學院大學博物館ツイッターより
    國學院大學博物館ツイッターより
  • 國學院大學博物館ツイッターより

通常の倍の反響

   国学院大博物館では2023年1月28日から、企画展「物語絵―嫁入本『源氏物語』全54帖公開―」を開催している。入館は無料。

   国学院大の図書館が所蔵する源氏物語の各帖に施された彩色絵54点を一挙公開し、収められていた装飾箱、十二単(じゅうにひとえ)として知られる女房装束、『竹取物語』『伊勢物語』もあわせて展示する。

   1月28日~2月26日までの前期に「桐壺」巻から「藤袴」巻が、3月1日~26日の後期に「真木柱」巻から「夢浮橋」巻まで公開する。

   博物館は2月下旬、ツイッターで「すごいペースで『源氏物語』ハンドブックが売れておりまして、後期展示に向けて増刷が決定しました!」と報告し、在庫がわずかのため1人1部のみの購入を呼びかけた。

   学芸員の佐々木理良さんは28日、J-CASTニュースの取材に、企画展に合わせて製作したハンドブックが900冊以上売れたと話す。普段の企画展では会期通じて500部売れれば好評といえるが、今回は前期だけで完売して増刷が決まった。「かなりの売れ行き」と驚いた様子だ。

   来館者も、すでに前回の展示の倍近い4536人が訪れた。客層は「圧倒的に女性が多い」という。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中