2024年 3月 2日 (土)

「単なるオープン戦に感じられなかった」 藤浪&大谷の投げ合いに現地興奮...日本メディア殺到で特別対応も

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   大リーグ・アスレチックスの藤浪晋太郎投手(28)が2023年3月1日、米アリゾナ州メサ・ホホカムスタジアムで行われたエンゼルス戦とのオープン戦に初登板し、エンゼルス大谷翔平投手(28)と投げ合い2回1安打無失点、3四球3奪三振だった。

  • 藤浪投手(写真:USA TODAY Sports/ロイター/アフロ)
    藤浪投手(写真:USA TODAY Sports/ロイター/アフロ)
  • 大谷と握手を交わす藤浪(写真:AP/アフロ)
    大谷と握手を交わす藤浪(写真:AP/アフロ)
  • 藤浪投手(写真:USA TODAY Sports/ロイター/アフロ)
  • 大谷と握手を交わす藤浪(写真:AP/アフロ)

無死満塁のピンチも無失点

   注目の立ち上がりは緩急を織り交ぜ打者を翻弄した。先頭のフレッチャーをスプリットで空振り三振。続くレンヒフォーには投手強襲のヒットを許すも3番ラムを空振り三振に仕留め、4番モニアックをセカンドフライに打ち取った。

   2回は制球を乱し3者連続四球で無死満塁のピンチを招いたが、マウンド上の藤浪は冷静さを失わなかった。続くホワイトフィールドを見流し三振に仕留めると、9番ソトをショートゴロに打ち取り併殺。この日の最速は158キロで上々のスタートを切った。

   高校時代、大谷とライバル関係にあった藤浪の初登板は米国でも注目され、MLB公式サイトは藤浪のデビュー戦を速報した。

   記事では、エンゼルスの打者は藤浪の97マイル(約156キロ)から98マイル(約158キロ)の直球に対して一貫して遅れていたと指摘。そしてフレッチャーとラムを三振に仕留めた球はいずれも91マイル(約146キロ)から92マイル(約148キロ)のスプリットで、アスレチックスのシェイ・ランゲリアーズ捕手が「厄介なスプリッター」と表現したものだとした。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中