2024年 3月 3日 (日)

AKB48歌唱力No.1決定戦で初の団体戦 「3人だからこそ見せられた」優勝NGTメンバーが喜び語る

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   AKB48グループの中で最も歌唱力があるメンバーを選ぶ「AKB48 グループ歌唱力No.1 決定戦」の決勝大会が2023年3月2日、都内で始まった。大会は5回目。これまでは個人戦で競ってきたが、今大会では3人1組のユニットで競う部門が初めて登場した。

   ユニット戦の決勝大会は、14組が出場した予選を勝ち抜いた8組で争われ、NGT48の三村妃乃さん(20)、清司麗菜さん(21)、新井りりのさん(18)によるユニットが優勝した。個人戦で好成績を残してきた2期生の三村さんが先輩と後輩を誘って結成したユニットで、三村さんは「自分1人では見せられない曲、歌、物語を3人だからこそ見せられた」と喜びを語った。

  • 「AKB48 グループ歌唱力No.1 決定戦」ユニット戦の決勝大会には8組が出場。NGT48のユニットが優勝した
    「AKB48 グループ歌唱力No.1 決定戦」ユニット戦の決勝大会には8組が出場。NGT48のユニットが優勝した
  • 優勝したNGT48のユニットは、自由曲としてLittle Glee Monsterの「好きだ。」を披露した。左から三村妃乃さん、清司麗菜さん、新井りりのさん
    優勝したNGT48のユニットは、自由曲としてLittle Glee Monsterの「好きだ。」を披露した。左から三村妃乃さん、清司麗菜さん、新井りりのさん
  • 優勝のご褒美は、全日空(ANA)で行くハワイでの特番収録。スカイダイビングを心待ちにしていた
    優勝のご褒美は、全日空(ANA)で行くハワイでの特番収録。スカイダイビングを心待ちにしていた
  • 2位に入ったHKT48のユニット。左から坂本愛玲菜さん、秋吉優花さん、市村愛里さん
    2位に入ったHKT48のユニット。左から坂本愛玲菜さん、秋吉優花さん、市村愛里さん
  • 「AKB48 グループ歌唱力No.1 決定戦」ユニット戦の決勝大会には8組が出場。NGT48のユニットが優勝した
  • 優勝したNGT48のユニットは、自由曲としてLittle Glee Monsterの「好きだ。」を披露した。左から三村妃乃さん、清司麗菜さん、新井りりのさん
  • 優勝のご褒美は、全日空(ANA)で行くハワイでの特番収録。スカイダイビングを心待ちにしていた
  • 2位に入ったHKT48のユニット。左から坂本愛玲菜さん、秋吉優花さん、市村愛里さん

「自分1人では見せられない曲、歌、物語を3人だからこそ見せられた」

   ユニット戦では、主催者が指定した課題曲と、出場者が選ぶ自由曲の2曲を披露する。課題曲を採点した中間発表の時点では、Mrs.GREEN APPLEの「点描の唄」を披露したHKT48の秋吉優花さん(22)、坂本愛玲菜さん(22)、市村愛里さん(22)によるユニットが首位。同じく「点描の唄」を歌ったNGT48のユニットと、Kiroroの「未来へ」を歌ったAKB48の高岡薫さん(22)、北澤早紀さん(25)、歌田初夏さん(20)が2位タイだった。NGT48のユニットは自由曲としてLittle Glee Monsterの「好きだ。」を歌い、逆転優勝を果たした。

   ユニットは、個人戦で3大会連続で決勝進出した経験がある2期生の三村さんが、1期生の清司さんと3期生の新井さんを誘って結成。先輩と後輩を引っ張る形で優勝を果たした。

   終演後に報道陣の取材に応じた三村さんによると、個人戦では「1人でグループを背負う大変さや、ちょっとモヤモヤとした感じ」も抱いていたが、3人で優勝できたことで「気持ち晴れてすごく幸せな気分」。「自分1人では見せられない曲、歌、物語を3人だからこそ見せられた」と喜んでいた。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中