2024年 2月 25日 (日)

大谷翔平WBC強化試合で大爆発→関連銘柄の株価上昇 同じ名字の無関係企業もストップ高

   WBC侍ジャパンの大谷翔平選手(エンゼルス)の活躍に、株式市場も盛り上がっている。

   連想、思惑買いが盛んで、「大谷銘柄」も誕生している。

  • 大谷翔平投手(編集部撮影)
    大谷翔平投手(編集部撮影)
  • 大谷翔平投手(編集部撮影)

大谷の名を冠す企業

   阪神との強化試合が2023年3月6日にあり、大谷が規格外のプレーを見せた。2打席目、難しい低めのフォークを膝をついてすくい上げ、バックスクリーンに運ぶ3ランホームランとした。これで終わらず、次の打席も詰まらせながら3ランを放った。

   7日の株式市場は、大谷の活躍に好感する形で関連銘柄に買い注文が入った。侍ジャパン公式パートナーで、野球関連の事業を手がけるミズノは年初来高値の3365円(前日比2.12%高)、コナミグループ(デジタルエンタテインメント)も前日比1.12%高の6330円で引けた。

   WBCを中継するテレビ朝日ホールディングス、TBSホールディングスも値上がりし、店舗で試合映像を流すハブは9%超高を記録した。大谷が愛用してきたスポーツ用品メーカー・アシックス(今季からはニューバランスと契約)、アドバイザリー契約を結ぶデサントも続いた。

   大谷の名を冠す架線金物の「大谷工業」は、材料視されたか不明なものの買い注文が殺到し、一時ストップ高となる4805円で取引を終えた。東証スタンダードの値上がり率第8位に入っている。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中